Photo: Nel Antopina

米クリスタル・ダイナミックス社がアクション・ゲーム『レガシー・オブ・ケイン』シリーズの次回作に関するアンケートを実施しており、新作が登場する可能性が浮上している。

現在クリスタル・ダイナミックス社は『レガシー・オブ・ケイン』シリーズのプレイヤーを対象に、オンラインでアンケート調査を実施している。

アンケート調査では、長らく新作が出ていなかった同シリーズについて、新作が出るとすればシングルプレイヤー・ゲームとマルチプレイヤー・ゲーム(Co-opまたはPvP)のうち、どちらの形式がいいか、また、どのゲーム・ジャンルが良いのか(最大5つまで回答可能)といった質問をしている。

さらに、新作はオリジナル・ゲームのリマスター版、フルリメイク版、シリーズの続編、リブート版のうち、どの形式を希望するのかも問われている。

エンブレイサー・グループは今年、スクウェア・エニックスから『トゥームレイダー』などのゲームIPとともにクリスタル・ダイナミクス社を買収している。『レガシー・オブ・ケイン』シリーズの権利は、現在クリスタル・ダイナミクス社が保有している。

また、エンブレイサー・グループは獲得した複数のIPについて、続編、リメイク版、リマスター版などのリリースに意欲を示しているため、2003年発売の『レガシー・オブ・ケイン:ディファイアンス』以来のシリーズ最新作が登場するのではないかという憶測が広まっている。

『レガシー・オブ・ケイン』シリーズの1作目はシリコンナイツが開発し、クリスタル・ダイナミックス社が1996年に発売した『ケイン・ザ・バンパイア』となっている。シリーズではこれまでに長年にわたって新作のリリースが模索されてきた。

『ユーロゲーマー』によれば、英ゲーム会社のクライマックス・スタジオはシリーズのリブート版となる『レガシー・オブ・ケイン:デッド・サン』の開発プロジェクトに3年間取り組んだが、結局2012年にスクウェア・エニックスがプロジェクトの中止を決定したという。

その他のニュースとして、あるタトゥー・アーティストが自身が考案したタトゥーのデザインに関する著作権が侵害されたとして、テイクツー・インタラクティヴを提訴した結果、勝訴している。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ