Photo: EA

『FIFA22』の今シーズン17週目となる「週間最優秀チーム」が発表され、メンバーにはボルシア・ドルトムントに所属するイングランド代表選手のジュード・ベリンガムやブラジル代表の「マルキーニョス」ことマルコス・アオアス・コレアらが選出されている。

ゲーム・モード「FIFA アルティメット・チーム(FUT)」では、現実の試合で活躍した選手をゲーム内の「週間最優秀チーム」のメンバーとして選出しており、通常よりも能力値がアップグレードした選手たちが登場する。17週目の「週間最優秀チーム」のパックはイギリス現地時間1月12日午後6時より、ゲーム内で購入できるようになっている。

ボルシア・ドルトムント所属のジュード・ベリンガムはアイントラハト・フランクフルト戦に出場し、試合終盤にゴールを決めて所属チームの勝利に貢献する活躍ぶりを見せて「週間最優秀チーム」のメンバーに選出されており、総合得点(能力値)は「84」となっている。

また、ブラジル代表のディフェンダーである「マルキーニョス」ことマルコス・アオアス・コレアは彼の通常ゴールドカードがゲーム内で高い人気を誇っており、選出メンバーの中でも大幅にアップグレードされている。

今週の「週間最優秀チーム」に選ばれた選手と総合得点は以下の通り:

84 – アイトール・フェルナンデス・アバリスケタ(GK)
89 – マルコス・アオアス・コレア(CB)
87 – リュカ・エルナンデス(LB)
87 – アレッサンドロ・バストーニ(CB)
83 – ステファン・ライナー(RWB)
87 – セルゲイ・ミリンコヴィッチ=サヴィッチ (CM)
84 – オーレリアン・チュアメニ(CDM)
84 – ジュード・ベリンガム(CM)
87 – ミケル・オヤルサバル(LW)
86 – ドメニコ・ベラルディ(RW)
86 – アンドレ・シウヴァ(ST)

今週の「週間最優秀チーム」の控え選手は以下の通り:

83 – ワルテル・ベニテス(GK)
82 – ダヴィド・ラウム(LWB)
82 – エクトル・ベジェリン(RB)
82 – アントニオ・プエルタス(RM)
82 – ルドビッチ・アヨルケ(ST)
84 – ジェンギズ・ウンデル(RW)
81 – ジャンルカ・カプラーリ(CF)
70 – ジャック・アーマー(LB)
79 – リンコウン・コレア・ドス・サントス(CAM)
77 – パパ・アリウヌ・ヌディアエ(ST)
75 – ダニ・エスクリチェ(ST)
67 – ソング・ウェンジ(LW)

先日、エレクトロニック・アーツは最近『FIFA22』で発生しているハッキング問題について謝罪しており、アカウント・セキュリティの保護に関する今後の改善策を発表している。

各社の報道によると、被害を受けたプレイヤーたちはエレクトロニック・アーツのライヴ・チャットが悪用されていると報告していたというが、エレクトロニック・アーツは第3者がプレイヤーのアカウントに違法アクセスした手段を次のように説明している。

「ここ数週間にわたって、著名なプレイヤーたちのアカウントがハッキングの標的になっているという報告を受けています。初期調査の結果、フィッシング詐欺が原因で数多くのアカウントがハッキング被害を受けたことが確認されています。脅迫や『ソーシャル・エンジニアリング(油断や人の脆弱性につけ込み機密情報などを搾取するサイバー攻撃)』などの手法を用いて当社のカスタマー・エクスペリエンス・チームにフィッシング詐欺を仕掛け、それを悪用した何者かが2段階認証機能を無効にし、他のプレイヤーのアカウントにアクセスしていました」

その他のニュースとして、新作FPS『ストーカー2:ハート・オブ・チェルノブイリ』のリリースが2022年12月8日まで延期されることが発表されている。同作のリリースは当初2022年4月28日に予定されていたが、開発元のGSCゲーム・ワールドは『ストーカー』シリーズの公式ツイッター・アカウントを通じて、新作が完成するまでにもう少し時間が必要になるとツイートしている。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ