Photo: moodytail

ファン開発によるポケモンTCGを題材にしたPC向けカードゲーム『ポケットクリスタルリーグ』がリリースされている。

5月19日、開発者のムーディテイルはレディットの『ポケットモンスター』シリーズのページ(サブレディット)に投稿して、『ポケットクリスタルリーグ』をリリースしたと告知している。『ポケットクリスタルリーグ』は「公式の(ポケモン)トレーディング・カード・ゲームとはまったく異なる」内容になっており、カードゲームの要素が導入されているサイコロジカル・ホラー・ゲーム『インスクリプション』をモチーフに開発されている。

『ポケットクリスタルリーグ』はこちらのゲーム配信サイト「イッチ・ドット・アイオー」のページから無料でダウンロードできる。

https://moodytail.itch.io/pocket-crystal-league

ゲームには「第1世代(ポケットモンスター 赤・緑)」と「第2世代(ポケットモンスター 金・銀)」のすべてのポケモンが登場する。また、その後シリーズに加わった「フェアリータイプ」の要素も導入されている。プレイヤーはゲーム内でポケモントレーナーや「キョウム」と呼ばれる8人のジムリーダーと対戦し、その後「クリスタルリーグ」で戦うことになる。

プレイヤーはゲームの最初にスターター・デッキを選ぶ。ゲームを進めて、カードに特殊能力を付加するなど、自分のポケモンカードを強化していくことができる。開発者のムーディテイルによれば、現時点ではPC版のみだが、将来的には他のプラットフォーム向けにもリリースする可能性があるという。

https://www.reddit.com/r/pokemon/comments/uspi20/pocket_crystal_league_my_singleplayer_pokecard/

「ゲームバランスを調整するのに、少し苦戦しましたが、現在の仕上がりに満足しています」とムーディテイルは述べている。「易しくはなく、ある程度難しいゲームになるように調整しています。とはいえ、必要な場合はゲームバランスのアップデートを行うかもしれません」

なお、「イッチ・ドット・アイオー」の『ポケットクリスタルリーグ』のページには、ゲームを進めるときに役に立つヒントも掲載されている。

関連ニュースとして、米フロリダに拠点を置く開発会社のヤナコ RPGsは『ポケットモンスター』風のゲームの開発に特化した新たなゲーム・エンジン『モンテイマー・メイカー』を開発中であるとツイッターで発表している。

また、このエンジンを搭載したモンスター育成ゲーム『ドキモン』が2022年12月にリリースされることも発表されており、「(新作エンジンの)利用者の参考」になるよう、「完全オープンソース」でリリースされるという。

その他のニュースとして、アクション・アドベンチャー・ゲーム『スター・ウォーズ ジェダイ:フォールン・オーダー』の主人公カル・ケスティスがゲームの続編に再登場すると報じられている。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ