Photo: Square Enix

スクウェア・エニックスは次回の「第70回 FFXIVプロデューサーレターLIVE」の配信日が4月1日に決定したことを発表し、放送内容を明らかにしている。

「第70回 FFXIVプロデューサーレターLIVE」は日本時間の4月1日午後8時頃から配信される予定となっているが、開始時間は変更される場合があると補足している。

「第70回 FFXIVプロデューサーレターLIVE」は、YouTube、ツイッチ、ニコニコ動画の『ファイナル・ファンタジーXIV』公式チャンネルで配信予定となっている。4月1日当日のライヴ配信の視聴はこちらから。

2月19日に配信された「第68回プロデューサーレターLIVE」では、プロデューサー兼ディレクターの吉田直樹が『ファイナル・ファンタジーXIV』の今後の展開について語っていたが、次回も同様の内容になると見られている。

『ファイナル・ファンタジーXIV』公式サイトによると、次回「第70回」の配信では「パッチ6.1『新たなる冒険』の最新情報について、実機プレイを交えながらお届けします」と予告されている。

またパッチ6.1の情報に加えて「その他のお知らせ」についても放送するという。

放送内容の具体的な詳細は不明だが、スクウェア・エニックスはパッチ6.1の内容の一部をすでに公開している。

パッチ6.1は4月中旬に配信予定で、新たなメインクエストやサブクエスト、インスタンスダンジョンが追加されることが明らかになっている。また、「友好部族クエスト:アルカソーダラ族」や新アライアンスレイド「ミソロジー・オブ・エオルゼア第1弾」、イシュガルドハウジング 「エンピレアム」のほか、新たな討伐・討滅戦も追加が予定されている。

2月の「第68回プロデューサーレターLIVE」で公開された「パッチ6.xシリーズ 予定ロードマップ」によると、パッチ6.1は『新生エオルゼア編』のメインクエストの「フェイス」システム対応や新たな少人数PvP「クリスタル・コンフリクト」の追加など、盛りだくさんな内容となっている。

パッチ6.1からパッチ6.5までのロードマップでは、武器強化コンテンツや「ディープダンジョン」シリーズ第3弾の追加、新コンテンツ「無人島開拓」など、アップデートの詳細が紹介されていた。

その他のニュースとして、Xboxがエピック・ゲームズの活動に賛同し、これに倣って3月20日から4月3日までの『フォートナイト』での収益をウクライナの人々に寄付することを発表している。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ