Photo: EA

エレクトロニック・アーツは『バトルフィールド』の公式ツイッター・アカウントで最新作『バトルフィールド 2042』の新たなゲーム・プレイ動画を公開し、本作に登場する「スペシャリスト」たちの詳細を明らかにしている。

公開された動画では「ウェブスター・マケイ」、コードネーム「キャスパー」こと「ウィカス・ヴァン・デール」、「マリア・ファルック」、コードネーム「ボリス」こと「ピョートル・ガスコヴィスキィ」といった「スペシャリスト」たちが紹介されている。

「スペシャリスト」はそれぞれ異なる「専門技能(ガジェットの使用)」や「特性」を持っており、彼らの装備はフルカスタマイズすることができる。

兵士の「ウェブスター・マケイ」は「グラッピング・フック」という専門技能を持っており、壁面に向かって発射したロープを利用して移動する能力で攻撃を避けたり、敵にこっそりと近づくことができる。また、彼の特性である「俊敏」は銃の照準器を覗いたまま素早く移動することができ、スピード関連の優位性を高めるものとなっている。

援護兵/衛生兵の「マリア・ファルック」は専門技能「S21シレットピストル」を利用することで遠くから注射器を発射して味方を回復させることができ、彼女の特性「軍医」はダウンした味方を蘇生してライフを全快させることができる。

コードネーム「ボリス」こと「ピョートル・ガスコヴィスキィ」は専門技能「SG-セントリーシステム」を備えており、エリア内で検出された敵を自動的に検出して攻撃することができる。また、彼の特性「セントリー・オペレーター」はセントリーガンが敵にロックオンすると対象を攻撃することができる。

コードネーム「キャスパー」こと「ウィカス・ヴァン・デール」の専門技能「OV-P偵察ドローン」は周囲の敵の位置を明らかにしたり、電磁気で敵を混乱させることができるほか、特性「モーションセンサー」を利用すれば接近してくる敵を察知することも可能となっている。

『バトルフィールド2042』の配信開始時点では10人の「スペシャリスト」が登場する予定となっているため、残りの「スペシャリスト」に関する情報はこれから発表されるものと見られている。

また、先週の時点ではベータ・テストが早ければ今週に開始される可能性があるという噂が広まっていた。

エレクトロニック・アーツは先月、テクニカル・プレイテストには秘密保持契約(NDA)が適応され、詳細をリークした場合は今後恒久的に製品版へのアクセス権を失ってしまう可能性があるとプレイヤーに警告している。

その他のニュースとして東芝は電力調整用のチップなどの部品不足により、新世代ゲーム機の供給不足は2022年あるいは2023年まで続く見通しであることを明らかにしている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ