Photo: Epic Games

エピック・ゲームズはバトルロイヤル・ゲーム『フォートナイト』にまったく新しいゲームモード「フォートナイト インポスターズ」を導入したことを明らかにしている。

『フォートナイト』の公式サイトによると、この新モードでは『フォートナイト』の世界観の中でプレイヤーは「イマジンドオーダー」のために働く「エージェント」か、組織を乗っ取るために働く「偽者(インポスター)」のどちらかでプレイすることになると紹介されている。

「フォートナイト インポスターズ」は「最大10人のプレイヤーでプレイ可能なゲームモード」と説明されており、10人でプレイする場合は8人のプレイヤーが「エージェント」として協力して「ブリッジ」を守り、その状態を維持することを目的とする一方で、残りの2人は「偽者」としてエージェントに紛れ込んで「ブリッジ」を乗っ取ることを目指す。

新たに公開された「フォートナイト インポスターズ」のトレイラー動画はこちらから。

このモードはインディーズのヒット作『アモング・アス』の影響を強く受けていると見られており、ランダムで「エージェント」となったプレイヤーは「バトルバスの修理やラマの調整」などの「任務」を与えられ、「イマジンドオーダー」の維持を目指す。一方、「偽者」には混乱を引き起こす手段がたくさん用意されており、任務を無効にしたり、プレイヤーをテレポートさせたり、全員が『フォートナイト』のバナナ型スキンの「ピーリー」の格好になるピーリーパーティを開催したりして、エージェントの任務の完了を妨害することができる。

また、『アモング・アス』と同様にエモートやクイックチャットメニューで情報を共有し、疑わしいプレイヤーを退場させるかどうかの投票を行う「協議」を行うこともできる。

『フォートナイト』関連のその他のニュースとして、同作の中核である「バトルロイヤル・モード」にマーベルコミックスのキャラクターの「ガモーラ」やDCコミックスのヒーローである「クラーク・ケント」と「スーパーマン」を追加したことで、エピック・ゲームズはゲーム内の「島」が様々なスーパーヒーローたちのクロスオーバーの場として確立されたとしている。

その他のニュースとして、ゲーム開発スタジオの「3Dレルム」がレトロな外観とモダンでスピーディなゲームメカニズムを融合した新作シューティングゲーム『カルティック』を発表している。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ