Photo: Sega

セガは『ジャッジアイズ:死神の遺言』に関連したティーザーサイトを立ち上げ「ジャッジメント・デイ」と題した動画を5月7日23時にライブ配信することが明らかになっている。ティーザーサイトでは、配信日に向けてカウント・ダウンがスタートしている。

このサイトは、プレイステーション5、XboxシリーズX/S、グーグル・ステイディア向けタイトル『ジャッジアイズ:死神の遺言 リマスタード』版の発売日と同じ4月23日に開設されている。

カウントダウン・サイト内に埋め込まれたサムネイル動画をクリックすると5月7日23時に配信予定のYoutube動画に飛ぶようになっている。サムネイル動画は『ジャッジアイズ:死神の遺言』のイベント・シーンをまとめたものとなっていることから、5月7日23時に解禁される動画は同タイトルの続編に関する発表ではないかと見られている。

このサイトは『龍が如く』シリーズを開発している「龍が如くスタジオ」の日本公式サイトの内部に開設されている。

『龍が如く』シリーズと同じ世界観を共有する探偵を題材としたゲーム『ジャッジアイズ:死神の遺言』の続編について、ゲーム関連ニュースサイトの『ゲーマツウ』は3月にセガが複数の商標を出願していたと報じており、商標の中に含まれていた『ロスト・ジャッジメント』という名称は続編のタイトルではないかと推測されている。

『ジャッジアイズ:死神の遺言』は2018年にプレイステーション4向けに日本で発売され、その後2019年に欧米版が『ジャッジメント』というタイトル名で発売されている。

2021年4月23日に発売された『ジャッジアイズ:死神の遺言 リマスタード』は高精細で美しいヴィジュアル、フレームレートが60fpsに向上したことによる滑らかな表現、レスポンスの良いアクション・バトルなどを特徴としている。オリジナル版所有者向けの無料アップ・グレードは提供されないが、プレイステーション5向け通常版はパッケージ、ダウンロードともに1980円という手頃な価格となっており、オリジナル版のすべてのダウンロード・コンテンツが収録されている。

先日、セガの傘下であるアンプリチュード・スタジオは、8月17日に発売されるターン制の文明構築ストラテジー『ヒューマンカインド』を事前購入したプレイヤーはテスト版を150ターンまでプレイできると発表している。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ