Photo: Auroch Digital

英オーロック・デジタル社は、現地時間6月1日に配信された『ウォーハンマー』シリーズのオンラインイベント「ウォーハンマースカル」でレトロ風FPSゲーム『ウォーハンマー40,000:ボルトガン』のリリースを発表している。

同タイトルは『ドゥーム』シリーズをはじめとする90年代のFPSゲームの要素を取り入れた「レトロ」なグラフィックが魅力の完全新作で、2023年にリリースが予定されている。また、プラットフォームはXbox One、XboxシリーズX/S、プレイステーション5、プレイステーション4、Nintendo Switch、PCに対応する予定となっている。

『ウォーハンマー40,000:ボルトガン』のパブリッシャーであるフォーカス・エンターテインメントは公式サイトで「レトロ・シューティングゲームへの熱く血生臭いオマージュ」と紹介しており、ゲームの内容については次のように説明している。

「数々の戦いを経験してきたスペースマリーンの1人となり、堕ちた兵士・ケイオススペースマリーンや敵と戦いながら、銀河系での危険なミッションに挑んでいこう。昔ながらのFPSで激しいバトルを繰り広げながら、超人兵士・スペースマリーンの力を最大限に発揮しよう。(スペースマリーンとして)奔走し、さまざまな敵に立ち向かいながら、銀河系の反逆者たちを撃って、切り裂き、木っ端微塵にやっつけよう!」

なお、現地時間6月1日に公開された『ウォーハンマー40,000:ボルトガン』のトレイラー動画第1弾では、いかにも『ウォーハンマー』シリーズらしい激しいバトルの様子がお披露目されている。

同日に開催されたオンラインイベントでは他にも『ウォーハンマー』シリーズの最新タイトルが複数発表されており、ファンにとっては嬉しい1日となっている。今回正式にリリースが発表されたタイトルは次の通り。

・レトロFPSゲーム『ウォーハンマー40,000:ボルトガン』
・RPG『ウォーハンマー40,000:ローグトレーダー』
・ラン&ガン・プラットフォーム『ウォーハンマー40,000:シュータ、ブラッド&ティーフ』
・デジタルカードゲーム『ウォーハンマー40,000:ワープフォージ』

イベントでは現在発売中のタイトルに関する最新情報も公開され、『トータル・ウォー:ウォーハンマー3』の新モード「不滅の帝国」を紹介するトレイラー動画や『ウォーハンマー:ヴァーミンタイド2』の拡張コンテンツ「カオス・ウェイスツ」の最新情報などが発表されている。

さらに、年内に発売が予定されているファンタジー・アメフト・ゲーム『ブラッドボウル3』のベータ版については新たに2つのチームがプレイ可能になることも告知されている。

その他のニュースとして、6月の「Xboxゲーム・パス」では『アサシン クリード オリジンズ』を含む複数のユービーアイソフト製タイトルの配信が決定している。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ