Photo: EA

エレクトロニック・アーツが『バトルフィード』シリーズの開発体制の刷新に着手しており、同シリーズを統括する責任者にリスポーン・エンターテインメントのCEOであるヴィンス・ザンペラが就任すると報じられている。

現地時間12月2日に公開された『ゲームスポット』の記事によれば、デジタル・イリュージョンズ・クリエイティヴ・エンタテインメントでゼネラル・マネジャーを務めてきたオスカー・ガブリエルソンは同社を退社する見通しとなっており、エレクトロニック・アーツ・グループから離れて新たな事業に取り組むという。また、『ヘイロー』シリーズの共同制作者であるマーカス・レヒトは、『バトルフィールド』シリーズのストーリーとストーリーテリングを担当する新スタジオをシアトルに設立する。さらに、シリーズ最新作『バトルフィールド 2042』の「ポータル・モード」を開発したリップル・エフェクト・スタジオは現在、シリーズ初となる「新要素」の開発を進めており、エレクトロニック・アーツは(構想中の)「バトルフィールド・ユニバース」の実現を推進していくという。

エレクトロニック・アーツはデジタル・イリュージョンズ・クリエイティヴ・エンタテインメントや、リップル・エフェクト・スタジオ、シアトルの新スタジオと協力して『バトルフィールド 2042』の改善などを手掛け、さらには『バトルフィールド』シリーズの拡大を目指すとしているが、「新要素」の詳細やシリーズの新作の開発については明らかにしていない。

ヴィンス・ザンペラは引き続きリスポーン・エンターテインメントの経営に対して責任を負い、『エーペックスレジェンズ』や未発表のプロジェクトなどを監修していくという。エレクトロニック・アーツのチーフ・オペレーティング・オフィサーであるローラ・ミーレは、ヴィンス・ザンペラが『バトルフィールド』シリーズを統括するに適任の人物であると『ゲームスポット』にコメントしている。「彼のスタジオを導き、開発者たちを統率する能力は類い稀なるものです。スタジオの開発者たちはワールドクラスの体験を生み出していくことでしょう」

マーカス・レヒトが率いるシアトルの新スタジオは「培った実績」をもとに、『バトルフィールド』シリーズのコンセプト、物語、キャラクターの制作を手掛けていく。長年にわたり『コール・オブ・デューティ』シリーズを手掛け、今年エレクトロニック・アーツに移籍したバイラン・ビーディは実績こそが 「現在と今後の作品のストーリーテリングの根幹になります」とコメントを寄せている。

リップル・エフェクト・スタジオは「ポータル・モード」のサポートを継続しながら「新要素」の開発を進めていくが、同スタジオのゼネラル・マネジャーであるクリスチアン・グラースは『ゲームスポット』に対して、開発中の中身については明かせないとコメントしている。

また、オスカー・ガブリエルソンはデジタル・イリュージョンズ・クリエイティヴ・エンタテインメントを年末に退社する予定となっており、次のようにコメントを寄せている。「スタジオ、チーム、そして『バトルフィールド』シリーズに対して、言葉では表現できないほどの情熱を注いできました…。デジタル・イリュージョンズ・クリエイティヴ・エンタテインメントにはチームを任せられる、業界屈指の逸材がいます」彼の後任はユービーアイソフト・アヌシーの元スタジオ・ディレクターのレベッカ・クータズが務める予定となっている。

その他のニュースとして、『フォートナイト』のチャプター3のトレイラー動画がTikTokの広告に現れたことが話題となっている。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ