Photo: Sony/ PlayStation

ソニー・インタラクティブ・エンタテインメントは10月28日よりプレイステーション5でアップル・ミュージックへの対応を開始したことを公式ブログで発表している。プレイステーション5でアップル・ミュージックのアプリをダウンロードすることで、音楽を再生しながらゲーム・プレイが楽しめるようになる。

先日、アップル・ミュージックのサブレディットでは「アップル・ミュージックがプレイステーション5に対応するのではないか」という噂が流れていたが、今回の正式発表により事実であることが確認されている。プレイステーションの公式ブログでは次のように発表されている。「アップル・ミュージックに加入されているプレイステーション5のユーザーの皆さんは、9,000万曲以上の楽曲や、数万種類のプレイリスト、4Kのミュージックビデオ、最新ヒットやクラシック、カントリー音楽のライブ配信を行なう『ラジオ』、そして皆さんの好みの音楽に合わせてカスタマイズされたプレイリストなどをお楽しみいただけます」

現在、世界69カ国でアップル・ミュージックへの対応がスタートしている。利用には事前のサブスクリプション契約が必要となるが、「9,000万曲以上の楽曲」や「数万種類のプレイリスト、4Kのミュージックビデオ」そして「ライブ配信を行なうラジオ」を楽しめるようになることが公式ブログで説明されている。

プレイステーション5ではApple Musicに収録されている音楽の再生に加えて、ゲームのプレイ中にBGMとして楽曲を流すことも可能となっている。ゲームプレイ中にデュアルセンス・ワイヤレス・コントローラーのPSボタンを押してコントロールセンターから「ミュージック」を選択すると、Apple Musicがプレイ中のゲームに合う楽曲を提案してくれるほか、自分で作成したプレイリストや(Apple Musicの)キューレーターが選曲したプレイリストも選択することができるようになる。

さらに、公式ブログでは次のように説明されている。「ゲームプレイに戻ったりプレイステーション5のホーム画面で別の操作を始めたりしても、ミュージックビデオの音声は継続して再生されます。また、ミュージックビデオに戻りたい場合は曲の途中でも音楽が途切れることなくシームレスに再生されます」

今回の発表に伴い、プレイステーション5はアップル社の専用アプリに対応する初の家庭用ゲーム機となり、ソニー・インタラクティブ・エンタテインメントとアップル社は今後もパートナーシップを展開させていくものと見られている。なお、ソニー・インタラクティブ・エンタテインメントはプレイステーション5の購入者にApple TV+のサービスを6カ月無料で提供している。

アップル・ミュージックがプレイステーション4には対応せず、プレイステーション5のみの対応となっていることから、ソニー・インタラクティブ・エンタテインメントとアップルは最新機種であるプレイステーション5でのサポートを充実させていく姿勢を見せている。

その他のニュースとして、任天堂とナイアンティック社が共同開発したスマートフォン向けのARゲーム『ピクミンブルーム』が10月27日にオーストラリアとシンガポールで先行配信されている。また、SF映画『デューン 砂の惑星』で主役を演じている俳優ティモシー・シャラメはかつてYouTubeでXbox 360のコントローラーを改造する動画を投稿していたという噂が広まっている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ