Photo: Respawn Entertainment/EA

リスポーン・エンターテインメントはパッチ10.1で『エーペックスレジェンズ』からキャラクターをコントロールするテクニックの1つである「タップ・ストレイフ」を削除することを本日9月1日に発表している。

同社は公式ツイッター・アカウントで、今回の削除の理由を「操作テクニックの習得が難しいだけでなく、キャラクターの動きが読みづらいために反撃もしづらく、移動系の能力と組み合わさることでさらに操作が難しくなってしまう」と説明している。詳細については10.1のパッチノートで明らかになるとみられている。

「タップ・ストレイフ」とは『エーペックスレジェンズ』のキャラクターをコントロールするテクニックで、通常のサイドジャンプよりも素早い動きを実現できる。速度と勢いを保ったまま素早く向きを変えられるようになっており、前進の動きがマウスホイールと連動しているために空中で素早く方向転換ができるという。

このテクニックは『タイタンフォール2』でスピードランのテクニックとして導入され、その後『エーペックスレジェンズ』でも採用されている。ユーチューバーの「Mokeysniper」の動画ではタップ・ストレイフの操作方法が説明されており、実際のプレイを観ることができる。

タップ・ストレイフの削除については『エーペックスレジェンズ』のコミュニティ内で賛否両論に分かれており、タップ・ストレイフは必要だと考えるユーザーと、高度なスキルが求められるので必要ないと考えるユーザーがいる。また、「Mokeysniper」はリスポーン・リスポーン・エンターテインメントのツイッターの投稿に返信しており、タップ・ストレイフは残すべきだが、キャラクターが前進する場合にマウスホイールを「W」キーに固定するオプションは削除すべきだと述べている。

動画の中では「タップ・ストレイフは多くの操作スキルを必要とするが、これがなくなるとゲームの楽しみ方を狭めることになる」と述べられている。

その他のニュースとして本日9月1日、エレクトロニック・アーツのMotiveスタジオはリメイク版の『デッドスペース』についての追加情報を発表する動画を配信している。今回の追加情報には手足を切断するシステムの更新や主人公アイザック・クラークの声の変更のほか、ゲーム内での課金はないことなどが含まれている。

また、コナミデジタルエンタテインメントは、プレイステーション 3版とXbox 360版の『メタルギアソリッドV ファントムペイン』と『メタルギア オンライン』について、2022年5月31日にオンライン・サービスを終了することを昨日発表している。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ