Photo: Respawn Entertainment

エーペックスレジェンズ』のリード・ゲームデザイナーであるダニエル・Z・クレインがリスポーン・エンターテインメントから解雇されたことが明らかになっている。2007年に不適切な発言をネット上に投稿していたことが発覚し、解雇はそれを受けてのものとなっている。

ダニエル・Z・クレインはインターネット・コミュニティ『デヴィアンアート』のブログ記事に女性やアフリカ系の人々に向けた性差別的・人種差別的な言葉を含む内容を記載しており、その記事のスクリーンショットが2021年7月にツイッター上で拡散されていた。

彼はツイッターで解雇に至った経緯を「若き日の自分を恥じ、悲しく思い、また怒りを覚えています」と説明し、「深くお詫び申し上げます」と謝罪している。

一方、リスポーン・エンターテインメントでディレクターを務める同僚のライアン・K・リグニーは「2007年の発言は2021年現在の本人の評価に影響しないと思います」とダニエル・Z・クレインを擁護する発言をしている。

エレクトロニック・アーツの広報担当者は『ファンバイト』への声明の中で、7月29日に発覚した不適切発言について「不愉快であり発言を容認することはありません。当社の人事部はこの事実を認識しており、調査を行っています」と述べていた。

同サイトによると、ダニエル・Z・クレインは8月6日に解雇されており、その数日後に彼が自身のツイッター・アカウントで解雇を公表したことでこのニュースが明らかになっている。

今回の解雇に対して彼は「心を痛め、落ち込んでいます。この数日間はとてもつらいです」とツイートしている。若かりし頃の自分に対して「こんな人間はクビになるべきだったと心の底から思います」としながらも、「あれから、より良い人間になるために精一杯の努力をしてきました」と述べている。

ダニエル・Z・クレインは、リスポーンエンターテインメントに入社する前はライアット・ゲームズに在籍していたが、2018年に解雇されている。同社のソーシャル・メディア・ポリシーに違反したことが理由と見られている。彼は自身のツイッターで、ゲームイベント『リーグ・オブ・レジェンド パックス ウェスト』でライアット・ゲームズが開催した「ゲーム業界志望の女性およびノンバイナリー限定」向けセッションに関して、男性差別だと糾弾する意見やライアットゲームズの性差別的な文化を強い語調で批判していた。

その他のニュースとして、『ディアブロ IV』のシニア開発者と『ワールド・オブ・ウォークラフト』のデザイナーがアクティヴィジョン・ブリザード社を退社したことが明らかになっている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ