Photo: Monstars Inc

本日開催された任天堂のオンラインイベント「インディー・ワールド・ショーケース」でNintendo Switch版の『テトリス エフェクト・コネクテッド』が10月8日に発売されることが発表されている。

『テトリス エフェクト・コネクテッド』はNintendo Switchに登場する『テトリス』のタイトルとしては2019年2月に発売されたバトルロイヤルゲーム『テトリス99』以来の最新作となる。旧作の『テトリス99』がスピード感を重視したゲーム展開で他のプレイヤーとの緊迫感のある対戦を特徴としているのに対し、10月発売の『テトリス エフェクト・コネクテッド』は公式ページで「美しい映像と心地よい音楽を駆使し、プレイヤーを夢中にさせる新感覚のパズルゲームに仕上げられています」と紹介されている。「美しく幻想的な3Dの世界とともに、魔法のような不思議な没入感を増幅します」

『テトリス エフェクト・コネクテッド』は2018年に発売された「テトリス・エフェクト」にマルチプレイ対戦が可能な新機能が追加された拡張版となっている。本作ではオンライン、ローカル通信でマッチした他プレイヤーたちと「スコア・アタック」や「ゾーンバトル」といったマルチプレイや協力プレイを楽しむことができ、「ランク戦モード」も搭載されている。

また、『テトリス エフェクト・コネクテッド』はNintendo Switch版を含む全ての対応プラットフォーム(プレイステーション4、エピック ゲームズ ストア、オラキュス クエスト、XboxシリーズX/S、Xbox One、ウインドウズ10)でクロスプレイが可能となっている。そのため、異なるプラットフォーム間でのマルチプレイが可能になっており、プレイヤーたちはプラットフォームを問わずテトリスをプレイする喜びを分かち合うことができるという。

また、PC版とプレイステーションVR版の『テトリス エフェクト・コネクテッド』はフルVRプレイにも対応しているが、今のところNintendo Switch版のVRモードには対応していない。

『テトリス エフェクト・コネクテッド』の公式ページでは同作のゲーム体験について「音楽、背景、サウンド、特殊効果、テトリスブロックの落下まで、すべてがプレイヤーの操作に完璧にシンクロし、脈打ち、踊り、光り輝き、炸裂します。30以上のステージと10以上のゲームモードは、驚きに満ちた感動的な世界を何度も何度も繰り返しプレイしたくなる体験をもたらします」と紹介されている。

Nintendo Switch関連のニュースとして、『ボム ラッシュ・サイバーファンク』のNintendo Switch版が2022年に先行配信されることが発表されている。アドベンチャー・アクションゲームの『ボム ラッシュ・サイバーファンク』はプレイヤーがスケートボードで街を駆け抜け、各地点にグラフィティ・アート(ストリートアート)を残していくゲームとなっている。

また、『ループ・ヒーロー』も年内にNintendo Switch版が発売されることが明らかになっている。同作はすでにPC版で知名度のあるRPGで、プレイヤーはループ型のダンジョンを回りながらキャラクターを改造・強化し、最適なマップの構築を目指していくゲームとなっている。

その他のニュースとして、『コール オブ デューティ:ウォーゾーン』のシーズン5の配信が明日まで延期されている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ