Photo: Marvel

マーべル・エンターテインメントは、Nintendo Switch版の『レゴ マーベル スーパー・ヒーローズ ザ・ゲーム』を今年の10月に発売すると発表している。

同タイトルはマーベルの人気キャラクターである「アイアンマン」、「キャプテン・アメリカ」、「ウルヴァリン」、「ブラック・ウィドウ」、「ハルク」、「デッドプール」、「マイティ・ソー」、「スパイダーマン」、「ロキ」などが登場するオリジナルのストーリーのアクション・アドベンチャーゲームとなっている。プレイヤーはゲームの展開や様々なサイド・ミッションを通じて、合計100体を超えるプレイアブル・キャラクターをアンロックすることができる。

今回新たに発売されるNintendo Switch版の『レゴ マーベル スーパー・ヒーローズ ザ・ゲーム』には「スーパー・パック」や「アスガルド・パック」といった、過去にリリースされたすべてのダウンロード・コンテンツが含まれている。

『レゴ マーベル スーパー・ヒーローズ ザ・ゲーム』はトラベラーズ・テイルズによって開発され、日本では2015年1月22日にワーナー・ブラザース・インタラクティブ・エンターテイメントから発売されている。同作は好評を博し、海外ではXboxシリーズやPCにも移植されてきたため、多くのファンたちが予想していたより遅くなったとはいえ、Nintendo Switch版の発売は当然の展開だと受け止められている。

『レゴ マーベル スーパー・ヒーローズ ザ・ゲーム』の公式トレイラー動画はこちらから。

マーベル・エンターテインメントの 「ニューメディア」部門でアソシエイト・エディターを務めるハシモト・マリカは、「本作は宇宙空間『マーベル・ユニバース』全体を巻きこんだオリジナル・ストーリーと『レゴ』ならではの冒険とユーモアに満ちた内容となっています。プレイヤーの皆さんは、世界を破壊しようとする悪の軍団を阻止すべく一致団結するスーパー・ヒーローたちになりきりましょう」と公式サイト内のブログで紹介している。

さらに彼女は、「プレイヤーたちは『スターク・タワー』や『Xマンション』、『アスガルド』といったマーべル作品を象徴する場所を旅しながら敵と戦い、『マーベル・ユニヴァース』を奔走することになります」と説明している。

『レゴ マーベル スーパー・ヒーローズ ザ・ゲーム』のNintendo Switch版は、現地時間2021年10月5日に発売される予定となっている。同作は国内では過去にプレイステーション3、プレイステーション4、Wii U、ニンテンドー3DS向けに発売されている。

レゴ ジャパンと任天堂は今年7月10日からルイージを主役にした『レゴ ルイージとぼうけんの始まり〜スターターセット』を発売しており、両社のコラボレーションは今後も続くと見られている。

その他のニュースとしてファンがデザインした「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」のオリジナル・レゴセットが「レゴ」のアイデア投票サイトで1万票以上の支持を獲得し、正式に発売されることが決定している。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ