Photo: Gearbox Software

『ボーダーランズ』のスピンオフ作品となる『ワンダーランズ ~ タイニー・ティナと魔法の世界』が2022年第1四半期に発売を予定していることが明らかになっている。

現地時間8月2日、テイクツー・インタラクティブは発売中およびこれから発売が予定されているタイトルの一覧が掲載された財務報告書を発表しており、同タイトルの発売時期が明らかとなっている。資料によると、『ワンダーランズ ~ タイニー・ティナと魔法の世界』は「2022年第1四半期」の計画に織り込まれていることから、2022年1月1日から3月31日の間に発売されると見られている。

本作は世界最大級のゲームイベント「E3 2021」で発表されており、発売時期は2022年初頭とされていた。財務報告書には「E3 2021」で発表された情報に加えてより詳細な情報が記載されている。

『ワンダーランズ ~ タイニー・ティナと魔法の世界』は、シューティングFPS『ボーダーランズ』シリーズの本格的なスピンオフ作品となっており、『ボーダーランズ2』の拡張ダウンロード・コンテンツ「タイニー・ティナとドラゴンの城塞」をもとに制作されたと見られている。「タイニー・ティナとドラゴンの城塞」には『ボーダーランズ』シリーズに登場するキャラクターたちが登場し、「タイニー・ティナ」が創り出す世界を冒険する内容となっている。

戦闘ではファンタジーの世界観やストーリーをベースに『ボーダーランズ』らしい銃器も使用できるようになっている。また、「タイニー・ティナ」が創り出す世界では燃える剣を発射するショットガンや20面体のサイコロを振ってより良いアイテムを入手できる戦利品ボックスといったユニークなアイテムも登場する。

『ワンダーランズ ~ タイニー・ティナと魔法の世界』の予告動画では、アンディ・サムバーグ、ワンダ・サイクス、ウィル・アーネットなどの豪華な俳優陣が声優として参加していることを発表している。また、「タイニー・ティナ」役は前作に引き続きアシュリー・バーチが担当する。

また、テイクツー・インタラクティブは財務報告書で今月中に完全新作となるシリーズ作品を発表することも明らかにしている。同社は以前から未発表のプロジェクトを抱えており、今月発表される作品はフィラクシス・ゲームズが手掛けているのタイトルではないかと見られている。

噂では『エックスコム』のようなストラテジー・ゲームの要素を持った『マーベル』に関連したタイトルになるのではないかと言われており、『マーベル』のヒーローとヴィランたちがターン制のバトルを繰り広げるといったゲーム・プレイになると見られている。

その他のニュースとして、PRG『ジ・エルダー・スクロルズ』シリーズのリード・ディベロッパーを務めた開発者たちが新スタジオの初作品となる『ザ・ウェイワード・レルムズ』を発売することを発表している。彼らは本作がロールプレイングの要素を含む「壮大なRPG」となると述べている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ