Photo: Harmonix

ハーモニクス・ミュージック・システム社が開発した本格的DJゲーム『フューザー』が任天堂の有料オンライン・サービス「Nintendo Switch オンライン」に登場(欧米のみ)し、同サービスの加入者はアメリカ現地時間7月5日まで無料でプレイできるようになっている。

ハーモニクス・ミュージック・システム社は、ボストンを拠点とするアメリカのゲーム会社で、音楽ゲーム『ギターヒーロー』シリーズや『ダンスセントラル』シリーズなどの開発を手掛けている。欧米の「Nintendo Switch オンライン」の加入者は現地時間7月5日まで本作を無料でダウンロードしてプレイすることができ、無料提供期間が終了した後でも欧米向けNintendo eShopではアメリカ現地時間7月9日まで本作を25%の割引価格で購入することができる。

『フューザー』は最大4人までの同時プレイに対応しており、バーチャル上の音楽フェスティバルをノンストップで楽しむことができる。ゲームにはデュア・リパの“Don’t Start Now”、イマジン・ドラゴンズの“Thunde”、DMXの“X Gon Give It To Ya”など、音楽チャートで上位を記録した多くの楽曲が収録されている。また、レイジ・アゲインスト・ザ・マシーンの“Killing in the Name”やドリー・パートンの“Jolene”なども収録されており、収録音源のジャンルは多岐にわたっている。

プレイヤーは楽曲をボーカル、ドラム、ギターなど、それぞれのトラックに分けることができ、トラックは制作中のミックスに追加することができる。この際、テンポやキーなどは自動で調整されるようになっているため、プレイヤーは好みのジャンルやアーティストの曲を取り入れたミックスを簡単に制作することができる。

『フューザー』ではミックスを制作するプレイヤーのレベルが上がるにつれて、新たなスキルや楽器をアンロックするチャレンジに挑戦することができる。プレイヤーは『フューザー』の公式ツイッチ・チャンネルやゲーム内で24時間ライヴ配信されている「ダイヤモンド・ステージ」で自身のパフォーマンスを披露することもできる。

プレイヤーはゲーム内で獲得した「ダイアモンド」を使用して、DJの服装やデッキ、パイロテクニクス(花火などの舞台装置)、ステージの照明などにカスタマイズし、自分だけのパフォーマンスに仕上げることができる。

また、『フューザー』にはプレイヤーがスコアなどを気にすることなくミックスを自由に制作できるフリースタイルのゲーム・モードも導入されている。

『フューザー』はNintendo Switch(海外向け)のほか、PC、PlayStation 4、Xbox One向けに発売されている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ