Photo: Mediatonic, Konami

『フォールガイズ・アルティメット・ノックアウト』は『スーパーボンバーマン R オンライン』とのクロスオーバー・コラボレーションを開催することを発表している。

『フォールガイズ』の公式ツイッター・アカウントは6月4日に「ボンバーマン」のスキンが新たに登場することを発表しており、また『スーパーボンバーマン R オンライン』にはすでにコラボキャラクターの「ビーンボンバー」が登場していることを明らかにしている。

コナミの発表によると、「ビーンボンバー」は『フォールガイズ』のキャラクターのように特殊能力として前方に向かって飛び込む「ダイブ」ができるという。

『ボンバーマン』シリーズは1985年に日本のゲーム開発会社であったハドソン社によって制作され、現在はコナミが著作権を所有している。本シリーズは長年にわたり70本以上のタイトルが様々なプラットフォームで発売されている。

シリーズ最新作の『スーパーボンバーマン R オンライン』は2020年9月にグーグル・ステイディア向けに公開されていたが、5月27日からPCを含む複数のプラットフォーム向けに配信が開始されている。

『フォールガイズ』のクロスオーバー・コラボレーションは今回が初めてではない。これまでにも、FPSゲームの『ドゥーム』や、人気ゲーム実況者の「ニンジャ」、「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」などとコラボレーションしたスキンが登場している。

『フォールガイズ』の開発元であるメディアトニックは、Xbox版とNintendo Switch版の発売を今年の夏に予定していたが、延期することを発表している。同社は「クロスプレイ」機能やその他の要素を追加して発売するために、さらに開発期間が必要であると延期の理由を説明している。

本作は先日新たなアップデートが配信され、近未来をテーマにした「シーズン4.5」が公開されている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ