Photo: Raven Software / Treyarch

『コール オブ デューティ ブラックオプス コールドウォー』は4月22日のシーズン3の配信に伴い、ゲーム内ではアクティヴィジョン社の昔懐かしいアーケードゲーム10作品がプレイできるようになっている。

『コール オブ デューティ』シリーズのニュースサイト『チャーリー・インテル』はこのニュースについて4月22日にツイートしている。アーケードゲーム10作品は『コール オブ デューティ ブラックオプス コールドウォー』の「兵舎」にある「ゲームセンター」でプレイできるという。

10作品のタイトル名は『バーンストーミング』、『ボクシング』、『チョッパー・コマンド』、『エンデューロ』、『フィッシング・ダービー』、『グランプリ』、『カブーン』、『ピットフォール』、『ピットフォール 2』、『リバー・レイド』となっている。

ゲームはすべて無料でプレイでき、終了期限はないものと見られており、少なくとも4月22日に配信されたシーズン3の期間中はプレイできる見込みとなっている。

アクティヴィジョンはかねてからアーケードゲームが収録されることを暗示する複数の隠れ要素をゲーム内に仕込んでいた。『コール オブ デューティ ブラックオプス コールドウォー』の発売前の時点でも、同タイトルの公式ティーザー・サイト『ポーン・テイクス・ポーン』の背景に『チョッパー・コマンド』のポスターが映っているのが発見されていた。

『コール オブ デューティ ブラックオプス コールドウォー』のシーズン3では、新たなオペレーターとして元ノルウェー情報機関NISの女性工作員で「ペルセウス」の配下である「レイス」が登場している。

シーズン3の詳細については同タイトルの公式ブログで公開されている。

『コール オブ デューティ』シリーズの関連ニュースとしては、同シリーズのバトルロイヤル・ゲーム『コール オブ デューティ:ウォーゾーン』の累計プレイヤー数が1億人を突破したことが明らかとなっている。このニュースは2020年3月の同タイトルのリリースから13ヶ月後に発表されている。

また、販売元のアクティヴィジョンは同タイトルと『コール オブ デューティ ブラックオプス コールドウォー』ですべてのプレイヤーに公平で楽しい体験を提供するため一貫してチート対策に取り組んでいくことを発表している。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ