Photo: Capcom

カプコンは『バイオハザード RE:バース』の「オープン・ベータ・テスト」を一時的に停止している。

同社は4月8日に公式ツイッターを通じてベータ・テスト版の不具合を報告している。報告によると、ベータ・テスト版でプレイヤー同士がマッチングしにくい状況が継続的に発生していたという。

同社は次のように説明している。「本作のベータ・テスト版でマッチングしにくい状況が継続的に発生しており、障害の解消のため一旦サービスを停止します。再開は追ってご報告します。引き続き調査を行いますが、ご迷惑をおかけしていることをお詫び申し上げます」

サービスは一時的に停止されていたが、4月9日にサービスは再開されている。

『バイオハザード RE:バース』は、プレイステーション版、Xbox版、PC版でそれぞれリリース予定だが、4月11日までベータ・テストが実施されている。

本作はプレイヤー同士で対戦し合うPvPマルチ・プレイヤー・アクション・ゲームとなっており、5月7日に発売予定の『バイオハザード ヴィレッジ』購入者に特典として無償で提供される。

ゲーム内では「クリス・レッドフィールド」、「クレア・レッドフィールド」、「ジル・バレンタイン」などの「バイオハザード」シリーズではお馴染みのキャラクターを使用し、他のプレイヤーたちと対戦できる。また、倒されたキャラクターは「B.O.W.(有機生命体兵器)」へと変異し、他のプレイヤーへの逆襲が可能となる。ステージに出現する「ウィルス」を多く所持していると、より強力な「B.O.W.」に変異することができるという。

また、カプコンが「バイオハザード」シリーズの最新情報を発表する「バイオハザード・ショーケース|April 2021」の配信が予定されており、『バイオハザード ヴィレッジ』の新しいゲーム・プレイ映像が紹介されることになっている。配信時間は日本時間4月16日午前7時で、新トレイラー動画や新しいゲーム・プレイ映像、その他いくつかのサプライズ発表も予定されているという。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ