Photo: PUBG Corp

アフガニスタンのイスラム主義組織タリバン暫定政権が「暴力を助長する」、「若者を堕落させる」として、『PUBG モバイル』とTikTokの禁止令を3ヶ月以内に施行すると報じられている。

アフガニスタンの独立系ニュースサイト『カアマ・プレス』によると、アフガニスタンの電気通信省は同国で『PUBG モバイル』を90日以内、TikTokを1ヶ月以内に禁止する見通しだという。

今年4月には、タリバン暫定政権が『PUBG』とTikTokを禁止する意向を発表していたが、今回この禁止令の実施に関する追加情報が公開されている。4月に禁止令が発表された後、タリバン暫定政権のイナムラ・サマンガニ副報道官は『PUBG』が「若者を堕落させる」とツイートし、TikTokについては電話インタヴューで「汚らわしいコンテンツがイスラム教の教義に反する」とコメントしていた。

タリバンは『PUBG』の暴力的な内容を批判しており、『PUBG』とTikTokがどちらも「人々の時間を無駄にして」、若者を「堕落させる」と非難している。

『PUBG』はアフガニスタンでも人気のタイトルで、プレイヤー人口は多い時で10万人に達したこともある。しかし、その暴力的な内容が若者に教義に反した道徳感を刷り込み、モラル・パニックを引き起こしているとして今回の禁止措置が取られている。

『PUBG』の利用を禁止した国はアフガニスタンが初めてではなく、既にパキスタンとインドで禁止されている。

タリバンは、2021年8月にアフガニスタンの政権を再び掌握すると、厳しい政策を制定・施行し続けており、今回の禁止令はタリバン暫定政権が施行する最新の政策となっている。他にも、2300万以上のウェブサイトを、「非道徳的な内容」を理由に禁止している。しかし、『カアマ・プレス』は、VPNを用いて暗号化された回線を使えば国家単位の規制も容易にすり抜けられることから、タリバンが『PUBG』やTikTokを完全に規制するのは難しいと指摘している。

その他のニュースとして、Xboxゲーム・パスに『デスループ』や『ムーンスカーズ』などの新タイトルが今月から追加予定となっている。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ