Photo: Santa Monica Studio

ゴッド・オブ・ウォー ラグナロク』では戦闘システムが大幅に変更されており、属性攻撃の導入や盾のデザイン変更といった新情報が公開されている。

この情報は『ゲーム・インフォーマー』の『ゴッド・オブ・ウォー ラグナロク』特集記事で明らかとなっており、その中で開発スタジオがゲームプレイ画像などを公開している。リード・コンバット・デザイナーのミヒール・シェスは『ゴッド・オブ・ウォー』シリーズの戦闘システムでは長年、「(手元にある)材料で遊んでみる」を理念としていると語っている。そして前作の戦闘システムを見たことで、新たな機能の追加と、その機能の多くをプレイヤーにとって馴染みのあるものにするという野心につながったと説明している。

新機能の1つとして、△ボタンを押す動作がある。ミヒール・シェスは前作では、△ボタンを押すとクレイトスが投げた斧「リヴァイアサン」が手元に戻るだけで、すでに斧を手にしている場合は何も起きなかったと述べている。

だが、『ゴッド・オブ・ウォー ラグナロク』では、△ボタンを押すと武器固有の技を使用できるという。この技では「リヴァイアサン」と「ブレード・オブ・カオス」にそれぞれ氷属性の「フォレスト・アウェイクン」や炎属性の「ウィプラッシュ」という属性が加わり、追加ダメージを与えられる。

現時点で本作におけるクレイトスの追加武器は発表されていないが、前作と同じく斧「リヴァイアサン」と剣「ブレード・オブ・カオス」が登場予定となっている。

さらに、これまでクレイトスが所持していた盾は1つだったが、今作では「ドーントレス」と「ストーンウォール」という2つの盾を使用できる。「ドーントレス」は攻撃を素早く受け流して反撃することができる。

一方、「ストーンウォール」は素早く動けないが、耐久力のある盾となる。連続攻撃を受け止められるが、攻撃を受け流せない。また、攻撃を防ぐことで盾にエネルギーをチャージし、エネルギーが完全に溜まった状態で地面を叩きつけると火花を散らしながらエネルギーを解放して相手を攻撃できる。なお、攻撃を防御し続けると、盾の機能が不安定になってしまう欠点がある。

『ゴッド・オブ・ウォー ラグナロク』はプレイステーション4、プレイステーション5で11月9日に発売予定となっている。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ