Photo: Hideo Kojima

ゲーム・デザイナーの小島秀夫が日本の元首相である安倍晋三の銃撃事件に関わったという「フェイクニュース」を受けて、コジマプロダクションが声明を発表している。

コジマプロダクションは7月9日、英語版公式ツイッター・アカウントで次のように述べている。「コジマプロダクションは、虚偽の情報を伝達するフェイクニュースやデマの拡散に強く抗議します。このような名誉毀損は容認できず、場合によっては法的措置を検討します」

今回の銃撃事件を受けて、フランスの極右政治家であるダミエン・リューがある国会議員のツイートに「極左が殺した」というキャプションをつけて、小島秀夫の複数の写真とともにリツイートしている。その後7月8日に、ダミエン・リューは該当のツイートを削除して次のように謝罪している。「私はこの情報をジョークだと思った。銃撃事件をユーモアに変えるつもりはなかったが、写真を掲載する前に(真偽を)確認しなかったのは間違いだった」

『コタク』によると、銃撃事件を起こしたとされる人物が小島秀夫に似ているというインターネット上の人種差別的なジョークが誤認の発端となり、ギリシャのニュースチャンネルが容疑者を報道する際に小島秀夫の写真を使用したという。

今回の事件の容疑者は山上徹也であり、手製の銃で襲撃したとみられる。BBCの報道によれば、安倍晋三の通夜は7月11日に、葬儀は12日に執り行われるという。山上徹也は犯行を認めているとみられ、現在警察に拘留されている。

コジマプロダクションは『デス・ストランディング』で知られており、先月、同社がマイクロソフトと提携して何らかの形でクラウド技術を活用した次回作を開発すると発表している。

その他のニュースとして、『コタク』によると、アメリカのYouTuberのローガン・ポールが世界で最も高価なポケモンカードを購入し、NFTとして販売することが明らかとなっている。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ