Photo: Northway Games

米パブリッシャーのフィンジー社はインディ・タイトル『アイ・ワズ・ア・ティーンエイジ・エクソコロニスト』のNintendo Switch版を8月25日に発売すると発表している。

本作は主人公たちの成長を描くナラティヴ系RPGとなり、これまでにプレイステーション4、プレイステーション5、Windows、Mac、Linux向けの発売が決定(日本語対応未定)している。また、スチームに投稿された記事によれば、7月10日午前4時から7月11日午前0時59分までツイッチで、ゲームのデモ動画の配信が予定されている。現在スチームではウィッシュリストへの登録も可能になっている。

スチームでは90秒間の新トレイラー動画も公開されている。動画ではこれから取るアクションを選択する画面、登場キャラクターと会話するシーンなど、ゲーム内の映像が紹介されている。

『アイ・ワズ・ア・ティーンエイジ・エクソコロニスト』の開発元であるノースウェイ・ゲームズはこれまでにPC、モバイル、VRゲームなどを手がけており、同タイトルが7作目の作品となる。スチームの概要欄には「(プレイヤーが)ある惑星で10代を過ごすカードバトルシステムを採用したナラティヴ系のRPGです」と記されている。

さらに、「10年間のうちに下した選択と習得したスキルがプレイヤーの人生とコロニーの存続を左右します」と続いている。

フィンジー社は『ナイト・イン・ザ・ウッズ』や『チコリー 色とりどりの物語』など、これまでに高い評価を得たインディ・ゲームを手掛けている。また、直近では2022年に発売されたアクション・アドベンチャー・ゲーム『チュニック』が好評を博している。

『NME』は『チュニック』に5つ星中4つ星を付けて、次のように評価している。「『チュニック』は単にキツネが可愛いだけのゲームではありません。たとえゲーム内で倒されたとしても、また途中で(謎解きなどで)混乱したとしても、不思議とかなり楽しめるアドベンチャー・ゲームになっています。道に迷い、困難な状況に立ち向うなど、作品の世界に浸るのが楽しいゲームです」

その他のニュースとして、漫画『遊☆戯☆王』の作者である高橋和希が亡くなった。享年60歳だった。死因は現在調査中と報じられている。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ