Photo: Sega

10月27日に発売されるセガの家庭用ゲーム機「メガドライブミニ2」向けに、本体価格の約2倍もするコントローラ「サイバースティック」が発売される。

セガは6月3日、メガドライブとメガCDのタイトル50本以上を収録したメガドライブミニ2の発売を発表している。日本では10月27日に発売予定で、海外での発売日は未定となっている。

メガドライブミニ2の発売に先立ち、同社は6月24日にメガドライブミニ2対応のコントローラ「サイバースティック」の発売を明らかにしている。シャープが1990年に発売した「サイバースティック」の復刻版となり、利き腕を問わずに使いやすいスティックやスロットル、機能を搭載したUSB接続型のコントローラとなっている。

『ファミ通』によれば、メガドライブミニ2本体の価格は税込10978円だが、コントローラの価格は約2倍となる税込19800円となっており、国内ではメガドライブミニ2と同時に発売される。

海外での発売日は現時点では未定だが、2019年に発売された初代メガドライブミニが発売から数週間後に海外でも発売されたため、メガドライブミニ2とサイバースティックに関しても欧米市場で発売される可能性がある。

メガドライブミニ2には『ソニック・ザ・ヘッジホッグCD』、『バーチャレーシング』、『シャイニング&ザ・ダクネス』、メガドライブでは初リリースの『ファンタジーゾーン』などのタイトルが収録される。

その他のニュースとして『スターデューバレー』のクリエイターである“コンサーンドエイプ”ことエリック・バローネは、近日中に最新のパッチを配信すると発表している。ただし、その次のパッチについては明言しておらず、今後のアップデート予定は明らかにされていない。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ