Photo: Capcom

3月10日に配信されたプレイステーションの動画番組「ステート・オブ・プレイ」で、カプコンは恐竜の群れと戦うアクションゲーム『エグゾプライマル』を2023年にリリースすると発表している。

『エグゾプライマル』はオンラインを通じて5人のプレイヤーが1つのチームとなって恐竜と戦う完全新作ゲームとなっており、トレイラー動画ではゲームの舞台となる近代都市で人類が恐竜の群れに立ち向かう様子が紹介されている。プレイヤーは「エグゾファイター」として最新鋭のスーツ「エグゾスーツ」をまとい、人々を「恐竜災害」から守る戦いに身を投じることになる。

カプコンU.S.A.のコミュニティー・マネージャーであるケレン・ヘイニーは3月10日付のプレイステーション公式ブログで次のようにコメントしている。

「ゲームの舞台となるのは、2043年の地球。突如出現する恐竜の群れによって、街や人々が襲撃される事象『恐竜災害』が世界各地で発生し、人類は危機に瀕していました。『アイビウス社』が開発した新世代AI『リヴァイアサン』によって『恐竜予報』が可能となり、さらに最新鋭エグゾスーツの開発が進められ、人類はこの絶望的な状況を打破しようしているのです」『エグゾプライマル』は、まさに人類滅亡の危機を描いた設定になっている。

また、プレイヤーは「エグゾスーツ」を身にまとい「ロール(役割)」を担うことになる。「ロール」には豊富な攻撃手段で敵を殲滅する「アサルト」、敵の攻撃をひきつけチームを護る「タンク」、味方を支援する「サポート」の3種類があり、チーム内でそれぞれ組みあわせてプレイする。「エグゾスーツ」の例として、耐久に優れた重量型スーツ「ロードブロック」を身に着けると「タンク」の役割を担うことに加え、戦闘中には巨大な盾を使用して味方を守ることができるようになる。

プレイステーションの公式ブログでケレン・ヘイニーは次のようにコメントしている。「エグゾスーツは、今回の映像に登場したもの以外にも、まだまだ登場します。カプコンらしい爽快なアクションを体験できるものばかりなので、今後の情報にご期待ください」 なお、プレイヤーは戦闘中にいつでも「エグゾスーツ」を変更できるようになっているという。

また、カプコンが3月10日に公開したプレスリリースによれば、メインモードの「ディノサバイバル」は人のプレイヤーが1つのチームを組み、大量の恐竜が迫り来る状況の中でミッション達成の速さを競い合う5vs5の「対戦型PvE(プレイヤー対環境)」になっているという。プレイヤーはメインモードで「数体の恐竜を倒す」、あるいは「貨物を輸送する」、「重要拠点を防衛する」など、様々なミッションに取り組むことが予想される。

『エグゾプライマル』はPC(スチーム)、プレイステーション 4、プレイステーション 5、Xbox One、XboxシリーズX/S向けに2023年にリリース予定となっている。

その他のゲームニュースとして、ローグライクTPS『リターナル』の大型アップデートが3月22日に配信されることが明らかとなっている。CO-OPモードが追加されるほか、ひたすら塔を上っていく新モード「シシュポスの巨塔」も追加されるという。また、英国インタラクティブ・エンターテインメント協会(Ukie)は2年前と比較して、英国のゲーム業界でも徐々にダイヴァーシティが進んでいると報告している。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ