Photo: Sega

セガと龍が如くスタジオは『ロストジャッジメント:裁かれざる記憶』の追加ストーリーが楽しめるダウンロード・コンテンツ「海藤正治の事件簿」を3月28日より配信することを公式ツイッター・アカウントで発表している。

「海藤正治の事件簿」は「海藤正治」を主人公とした4つのチャプターで構成されるストーリーとなっており、3月28日にプレイステーションXboxでリリースが予定されている。「海藤正治」は『ロストジャッジメント:裁かれざる記憶』の主人公である探偵・八神隆之の助手を務めている。

同ダウンロード・コンテンツは、本編『ロストジャッジメント:裁かれざる記憶』のその後を描くストーリーとなっており、攻撃的な戦闘スタイル「ブルーザーファイトスタイル」とディフェンスに優れた「タンクファイトスタイル」を駆使して新たなボスと戦い、海藤ならではの直感に基づく探偵術「プライマルフォーカス」を利用して事件の解決に臨むことになる。

「海藤正治の事件簿」について公式サイトでは次のように紹介されている。「『ジャッジアイズ』シリーズ初となる、八神隆之の相棒・海藤正治が主人公の追加シナリオ。海藤を操り、ド迫力のバトルアクションと、ワイルドな調査アクションで、真相を解き明かせ!」

価格は税込3,300円となっており、プレイするためには本編『ロストジャッジメント:裁かれざる記憶』を購入する必要がある。

『ロストジャッジメント:裁かれざる記憶』のダウンロード・コンテンツ「海藤正治の事件簿」はプレイステーション4、プレイステーション5、Xbox One、XboxシリーズX/S向けに3月28日より配信が予定されている。

『ロストジャッジメント:裁かれざる記憶』とダウンロード・コンテンツ「海藤正治の事件簿」の詳細は以下の公式サイトで確認できる。

https://judgment.sega.com/

また、『ロストジャッジメント:裁かれざる記憶』の関連情報として、同作のゲーム内でプレイできるアーケード・ゲームおよび八神探偵事務所にある「マスターシステム」でプレイできる名作ゲームの全タイトル名は以下の記事から確認できる。

https://games.nme-jp.com/news/6665/

セガサミーホールディングスは昨年末に実施したIRイベント「マネジメントミーティング2021」で資料を公開しており、PC版『龍が如く』シリーズの販売本数が全世界で約280万本にのぼることが明らかとなっている。

その他のニュースとして、任天堂は有料サービス「Nintendo Switch Online」のスマートフォンアプリ『Nintendo Switch Online』が3月7日に「Ver.2.0.0」にアップデートされ、より便利な機能が追加されたことを公式サイトで発表している。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ