Photo: YouTube/Rockstar

グランド・セフト・オート・オンライン』のエクスパンション・パック「契約(The Contract)」が12月15日配信されて、『グランド・セフト・オートV』の最後の選択肢(マルチエンド)のうち「真のエンディング」が明らかとなっている。「契約」には『グランド・セフト・オートV』の主人公フランクリン・クリントンとドクター・ドレーが登場している。

『コタク』によると、「GTAオンライン:契約」のミッションでプレイヤーとフランクリンが映画スタジオ内でゴルフカートを追いかけているときに、フランクリンが「ここで働いてるプロデューサーに1人知り合いがいるんだ。彼が今日は仕事をしていないことを祈るよ」と言っており、それがエンディングの鍵になるという。

これは『グランド・セフト・オートV』の主人公の1人で映画好きで知られるマイケル・デサンタがゲームのストーリーの終盤にこの映画スタジオで働くことを示唆している。フランクリンがその台詞を語る映像はこちらから。

このフランクリンの台詞は、3つのエンディングのうちどれが正史なのかを暗示するものだという。マイケルが生き残る方法は2択しかない。エンディングの選択肢は、フランクリンがマイケルの助けを借りてトレバーを殺すか、マイケル自身が殺されるか、誰も殺さないのいずれかとなっている。2017年に配信されたエクスパンション・パック「極秘空輸(smuggler’s Run)」で主人公の1人「トレバー・フィリップス」が生きていることを踏まえると、『グランド・セフト・オートV』の正しいエンディングは3つ目の選択肢しかありえなくなるという。

「契約(The Contract)」はプレイヤーがフランクリンが経営する「セレブ・ソリューションズ・エージェンシー」の捜査に協力し、ドクター・ドレーの未発表楽曲が保存された携帯電話を窃盗犯から取り戻すために奮闘する内容となっている。

ロックスター・ゲームスの創業者であるサム・ハウザーは、「『契約(The Contract)』は、ストーリー・音楽・オンラインの世界を新たな方法で融合させたこれまでにない作品になっています」と述べている。「ロス・サントスを舞台に、ドクター・ドレーの未発表の楽曲が保存された携帯電話を探し出すという現代的なゲームを作るにあたり、長年の協力者であり友人でもあるDJプーのおかげでヒップホップ界の大御所たちとのコラボレーションを実現することができました」

その他のニュースとして、『ヘイロー・インフィニット』のキャンペーン・モードでは不具合により分割画面が可能となっていたようだが、この不具合を利用しようとするとゲームセーブが壊れてしまうことがあることがプレイヤーたちの検証によって明らかとなっている。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ