Photo: Emma McIntyre / Getty Images

ロザリアとアルカが『グランド・セフト・オート・オンライン』に登場する新たなラジオ局でMCを務めることが明らかになっている。

開発元のロックスター・ゲームスは12月13日に『グランド・セフト・オート・オンライン』の公式サイトでこのニュースを発表している。『モトマミ・ロス・サントス・ラジオステーション』には2022年にリリースされるロザリアの通算3作目のアルバム『モトマミ』と同じタイトルが付けられており、12月15日に配信されるアップデートでゲーム内に登場予定となっている。

発表によると、『モトマミ・ロス・サントス・ラジオステーション』では「キャロライン・ポラチェックからダディー・ヤンキー、ミスター・フィンガーズ、アヴェントゥラまで」幅広いジャンルの音楽を楽しむことができるという。また、アルカの楽曲に加え、ロザリアがザ・ウィークエンドとコラボレーションした新曲でアルバム『モトマミ』に収録されるファースト・シングル“La Fama”のほか、カイネムジークがプロデュースするバッド・ギャルの限定曲も同ラジオ局で聴くことができる。カイネムジークは「ロス・サントス」の地下にあるクラブ「ミュージック・ロッカー」でレジデンスDJとして登場している。

その他、ロックスター・ゲームスは次回のアップデートで『グランド・セフト・オート・オンライン』でお馴染みのラジオ局「ラジオ・ロス・サントス」と「ウェスト・コースト・クラシック」もリニューアルすることを発表している。

ビッグ・ボーイによる「ラジオ・ロスサントス」では、プシャ・T、ケニー・ビーツ、リッチ・ザ・キッド、オフセットらの新曲に加え、スウィーティー、フューチャー、タイラー・ザ・クリエイター、コダック・ブラックといったミュージシャンたちの楽曲が放送されるほか、マイク・ディーンやスクールボーイ・Qの特別出演も予定されている。

一方、「ウェスト・コースト・クラシック」ではDJプーがドクター・ドレーの輝かしいキャリアを称えて「ドレー・デイ」を開催する。ドクター・ドレーの代表曲や有名アーティストとのコラボレーション楽曲を聴くことができるほか、ドクター・ドレーの友人のアーティストや楽曲の共同制作者も登場するという。

先週、ロックスター・ゲームスは『グランド・セフト・オート・オンライン』のエクスパンション・パック「契約(The Contract)」を発表しており、ドクター・ドレーとアンダーソン・パークが物語に関わるキャラクターとして登場することが明らかになっている。

「契約(The Contract)」では、未発表の楽曲が入った携帯電話を盗まれたドクター・ドレーから相談を持ちかけられた友人を手助けするため、プレイヤーはこの携帯電話を捜索することになる。ドクター・ドレーとアンダーソン・パークは今回のエクスパンション・パックに登場するサウンドトラックも手がけており、12月15日に配信が予定されている。

今年11月、スヌープ・ドッグはドクター・ドレーが『グランド・セフト・オート』シリーズの次回作に向けて楽曲を制作していることを明らかにしていた。

「彼は素晴らしい楽曲を作っているんだ。その中には今度出るゲームの『グランド・セフト・オート』に関連したものがあるんだ。だから『グランド・セフト・オート』シリーズのゲームを通じて彼は楽曲を発表することになると思うよ」

『グランド・セフト・オート・オンライン』は現在、PC、プレイステーション4、プレイステーション5、Xbox One、XboxシリーズX/S向けに配信されている。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ