Photo: Rockstar Games

ロックスター・ゲームスは『グランド・セフト・オートV』の8年間の累計販売本数が1億4000万本となり、2020年が2013年発売以来最高の年になったと述べている。

ロックスター・ゲームスは2020年5月時点で1億3000万本を販売しており、このことから、去年の下半期には1000万本以上が販売されたことが分かっている。

主に新型コロナウイルスの影響でゲーム業界全体が売上を伸ばしているが、『グランド・セフト・オートV』は特に好調で、2020年の全英ゲーム・チャートでは年間トップ10に入っている。

『グランド・セフト・オート・オンライン』も同シリーズの成功に貢献しており、ゲーム・ディレクターのスコット・ブッチャードは当面の間、マルチプレイ用のアップデートよりもソロプレイ用コンテンツの充実を優先すると発表している。

ロックスター・ゲームスはすでにPlayStation 5版『グランド・セフト・オートV』のリリースを発表しているが、多くのファンはまだ公式発表のない『グランド・セフト・オートVI』の発売に関する噂に注目している。PlayStation 5のウェブサイトによると、PlayStation 5版『グランド・セフト・オートV』では「拡大・進化した」体験ができるようになるとされている。このゲームをするにはプレイステーションプラスへの加入が必要で、加入すると数ヶ月間無料でプレイできるという。

最近の『グランド・セフト・オート』関連のニュースとしては、ロックスター・ゲームスとテイクツー・インタラクティヴが協同して『GTAオンライン』のチート・ツールの提供で有名な会社を閉鎖している。ルナチーツはチート・ツールの提供で人気だったが、収益の全額を慈善団体に寄付することを約束してサイトを閉鎖している。

ルナチーツは次のように述べている。「また、収益はテイクツー・インタラクティブが指定した慈善団体に寄付致します。当社のソフトウェアが『GTAオンライン』のコミュニティの皆様にもたらした問題について、お詫び申し上げます」

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ