Photo: Nintendo

任天堂は11月5日に予定していた『あつまれ どうぶつの森』最後となる無料大型アップデート「バージョン2.0」を一日早く4日に配信し、その翌日に有料追加コンテンツ『あつまれ どうぶつの森 ハッピーホームパラダイス』の配信を開始している。

今回のアップデート「バージョン2.0」には、ファンからの人気が高いハトの「マスター」と彼の営む喫茶店「喫茶 ハトの巣」が登場している。「喫茶 ハトの巣」ではコーヒーを味わいながらのんびりできるほか、他の住民も時折この喫茶店に立ち寄るなど島の憩いの場となっている。また、『どうぶつの森』のamiiboを使って好きなどうぶつを招いたり、通信プレイで他のプレイヤーと一緒に喫茶店に行くこともできる。

島の桟橋ではボートに乗ってくつろいでいる「かっぺい」が出現している。「かっぺい」は往復1000マイルでドードー・エアラインズでいく離島とは少し異なるミステリアスな離島に連れて行ってくれるようで、その離島では新たな植物が手に入るほか、時間や季節が異なる島も紹介してくれるという。

また、写真スタジオを営む「パニエル」の島にも新たな要素が追加されている。ベルを寄付すると、たまに島を訪れていた「シャンク」や「ローラン」といった行商人たちが自分の店を建てるため、いつでも彼らを訪ねることができる。その他、プレイヤーは美容師の「カットリーヌ」に髪形を変えてもらえるほか、鏡で行えるヘアアレンジの種類も大幅に追加されている。

暮らしの面では、島の広場で毎日開催されるラジオ体操にJoy-Conを使って参加できるほか、「マイホームサービス」もアップグレードされて選べる家の外観の数が増えている。また、島のどこからでも自宅の収納にアクセスできたり、どこでも設置可能なATMから自由にベルを引き出せるようになっている。アップデート「バージョン2.0」は無料で配信されており、この他にも多くの新機能が追加されている。

なお、有料追加コンテンツ『あつまれ どうぶつの森 ハッピーホームパラダイス』は税込み2,500円で販売されるほか、新たな料金プラン「Nintendo Switchオンライン+追加パック」の加入者もプレイすることができる。

その他のニュースとして、シミュレーションRPG『マーベル ミッドナイト・サンズ』の発売が2022年下半期まで延期されていることが発表されている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ