Photo: Nintendo

任天堂は『あつまれ どうぶつの森』について7月29日に配信される無料アップデートに加えて2021年内に更なる追加コンテンツを提供することを発表している。

任天堂は7月27日に公式ツイッターで『あつまれ どうぶつの森』の最新無料アップデートが明日7月29日に配信されることを発表している。今回のアップデート(Ver.1.11.0)により、プレイヤーはこれから週ごとに開催される花火大会などの季節のイベントや「たぬきショッピング」で購入できる季節の限定商品を楽しむことができるという。

任天堂は今回の『あつまれ どうぶつの森』のアップデートを告知するとともに、本作のために「追加の無料コンテンツ」を「現在開発中」であることを明らかにしており、2021年内には更なるアップデートの計画があると発表している。

『あつまれ どうぶつの森』では今年に入ってからも昨年と同じ内容のコンテンツやイベントが行われてきたため、多くのファンが今後のアップデートに期待を寄せている。

2020年3月に本作が発売されてから最初に行われた「イースター」のイベントは今年も開催されていたが、「たまご」の入手方法やアイテムに大きな変化がなく、プレイヤーからは落胆したという反応も寄せられていた。

また、2020年4月に初開催された「春の釣り大会」も、それ以降は季節ごとに開催されているものの、季節にかかわらず毎回同じ全13種の景品が用意されている。

今年6月、ニンテンドー・オブ・アメリカの社長であるダグ・バウザーは『あつまれ どうぶつの森』に新コンテンツが登場することを発表していた。

ダグ・バウザーは当時、アメリカのニュースサイト『ザ・ヴァージ』のインタヴューで「島に住む3,300万人のみなさんに、新しくて楽しいアクティヴィティを提供する計画を立てています。これからも楽しみにしていてください」と述べていた。

その他のニュースとして、スマートフォン向けアプリ『どうぶつの森 ポケットキャンプ』の公式ツイッターによると、8月のアップデートでは「海の中の世界」をテーマにした「涼しげなアイテム」が多数追加されることが明らかになっている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ