Photo: Rockstar Games

ロックスター・ゲームスは3月15日にリリース予定のプレイステーション5とXboxシリーズX/S版『グランド・セフト・オートV』で採用される強化要素の詳細を公式ブログ記事で発表している。

次世代機版『グランド・セフト・オートV』では3つのグラフィック設定が用意されており、それぞれ特徴が異なるためプレイヤーは自分のプレイ・スタイルに合った設定を選択できるようになっている。

最大30FPSで最高品質のビジュアルを実現する「忠実度重視モード」は、4K解像度やレイトレーシングに対応している。「性能モード」では反応の良いゲームプレイ体験と最大60FPSを実現する。なお、4Kの解像度とレイトレーシングへの対応はプレイステーション5とXboxシリーズXのみとなっている。さらに、プレイステーション5とXboxシリーズX版では「両モードのハイブリッドである『レイトレーシングによるパフォーマンスモード』で、レイトレーシングが可能な最高4Kの解像度をサポートし、最大60FPSを備えています」と紹介されている。なお、XboxシリーズSでは最高4Kの解像度のみの対応となっている。

その他、次世代機版ではロード時間の短縮や、人口と交通の複雑化、植生密度の増加、影や水の反射などのライティングの品質向上など「全面的な見直し」が施されているほか、プレイステーション5のハプティック・フィードバック機能やデュアルセンス・コントローラーにも対応し、天候効果、ダメージを受けた時の方向感覚、路面の凹凸、爆発などの感覚が追加され、より臨場感のあるリアルな体験ができるようになっている。

また、今回の発表では『グランド・セフト・オート:オンライン』がプレイステーション5とXboxシリーズX/S向けにスタンドアローン版として登場することも明かされている。プレイステーション5とXboxシリーズX/S版『グランド・セフト・オート:オンライン』の販売価格はまだ発表されていないが、プレイステーション5のユーザーはリリースから3ヶ月間は無料でダウンロードと保存ができるという。

他にも、プレイステーション4とXbox Oneのプレイヤーはロックスター・ゲームスの公式プラットフォーム「ソーシャルクラブ」経由でセーブデータ(『グランド・セフト・オートV』のストーリーモードのセーブデータと『グランド・セフト・オート:オンライン』のキャラクターとセーブデータ)を一度だけ次世代機に引き継ぐことができる。セーブデータを移行するには、ポーズメニューの「ゲームタブ」に進んで「セーブデータのアップロード」を選択する必要がある。

今回の発表に関する詳細は、ロックスター・ゲームスの公式ブログ記事で確認できる。

https://www.rockstargames.com/newswire/article/172872k8a375k8/gtav-and-gta-online-coming-march-15-for-playstation-5-and-xbox-series?utm_source=twitter&utm_medium=o_social&utm_campaign=gtav_announcement_transfer-details-20220304

その他のニュースとして、『ヘイロー・インフィニット』でリード・マルチプレイヤー・デザイナーを務めたアンドリュー・ウィッツが343インダストリーズを退社することを発表している。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ