Photo: EA

『ザ・シムズ4』の開発者たちが新しく追加される「ジェンダー・ニュートラルな人称代名詞の設定機能」について1月19日に配信されたライヴストリーミング番組の中で語っている。この開発中の新機能を使用すると「ノンバイナリー」や「ジェンダー・ニュートラル」などのジェンダー・アイデンティティを持つプレイヤーが「彼(he)」や「彼女(she)」以外の人称代名詞を選択できるようになる。

同作の開発チームはNPO団体「It Gets Better」と共に新機能の開発に取り組んでいる。同団体はLGBTQ+の人々の社会的な地位を高め、コミュニティ形成を支援することをミッションとしている。

『ザ・シムズ4』の人称代名詞をカスタムで選択できる機能は現在開発中でリリース日は未定となっているが、将来的にはゲーム内のキャラクターである『シム』の身体的な性別に関係なく人称代名詞を選択できるという。この機能は、「シムの作成(Create-A-Sim)」画面で「こんにちは!私の名前と人称代名詞は…」というメッセージが表示されたあと、プレイヤーが人称代名詞を「they/them/their」、「she/her/hers」、「he/him/his」を選択、またはプレイヤー独自の人称代名詞をカスタムで入力できるようになる。

「カスタム」で入力する場合はプレイヤー独自の人称代名詞を「主格・目的格・所有格」でそれぞれ設定できる。この設定ではゲーム内で使用されている誹謗中傷フィルターのように、カスタム設定した人称代名詞の不適切な使用を防ぐ設定ができると説明されているが、現時点では詳細は明かされていない。

『シムズ』シリーズ公式サイト「シムズ・コミュニティ」には、開発関係者らがジェンダー・アイデンティティに合った人称代名詞を選択できる重要性について語るライヴストリーム動画が掲載されている。動画には『ザ・シムズ4』のプロデューサー「SimGuruDuck」、「It Gets Better」のコーディネーターを務めるレイ・スウィート、そして『ザ・シムズ』シリーズのデザイナーを務めるレイチェル・ギルバートが登場している。

動画の中でレイ・スウィートは「私たちの使う言語は、物の見方や生き方そのものを形作ります」と語り、次のように続けている。「私が『they/them』というジェンダー・ニュートラルの人称代名詞を使い始めた時、ようやく自分自身を受け入れることができました。人生を一変させるような体験でした」

「『ザ・シムズ』のプレイヤーが自分に合った人称代名詞を使って自分の望むアイデンティティでプレイできるようにし、自分自身について探求したり、本当の自分を見つけるきっかけになってほしいです。特に、現実の世界で自分のジェンダーについて悩んでいる人の助けになればと思います」

また、レイチェル・ギルバートは次のように語っている。「自分のジェンダー・アイデンティティに合った人称代名詞を選べる機能は非常に重要であり、『ザ・シムズ4』をより公平で差別のないゲームにすると思います。自分のジェンダーに合った人称代名詞を選択できるととても安心できます。『ザ・シムズ4』ではありのままの自分を受け入れてくれる人たちがいるという安心感を感じてほしいです」

その他のニュースとして、対戦型シューティング・ゲーム『ヴァロラント』では1月19日に「4.01 パッチ」がリリースされている。今回の新たな機能としてプレイヤーが特定の単語やフレーズを登録して非表示にできる「ミュートワード機能」が追加されており、開発元のライアット・ゲームズは「ヴァロラントが誰にとっても過ごしやすい場所となるよう、ご協力をお願いします」と記載したパッチノートを公式サイトで公開している。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ