Photo: Indiana Jones: Raiders Of The Lost Ark. Credit: Lucasfilm

ベセスダ・ソフトワークスは『インディ・ジョーンズ』のゲームを開発中であることを発表している。

このニュースは1月12日にベセスダ・ソフトワークスのソーシャル・メディア・アカウントで発表されており、『インディ・ジョーンズ』のゲームを開発中で、『ウルフェンシュタイン』最新作の開発チームであるマシンゲームズが開発していることが明らかとなっている。

トレイラー映像では、鞭など『インディ・ジョーンズ』の登場人物ならではの小道具の一部が公開されている。映像では日付が1937年10月21日と明記されたローマ行きの航空券も公開されており、ゲームのストーリーがシリーズの第一作『レイダース/失われたアーク《聖櫃》』後の話であることが示唆されている。

その後の発表で、ベセスダ・ソフトワークスは本作がオリジナル・ストーリーであり、「(『フォールアウト』シリーズで知られる)トッド・ハワードがエグゼクティヴ・プロデューサーを務める」予定となっている。より多くのことを明らかにするには「もう少しの時間が必要」としているが、このニュースを発表できたことを喜んでいると述べている。

トレイラー映像はこちらから。

『インディ・ジョーンズ』のゲームが、どのハードに対応するのかまだ明らかとなっていないが、以前マイクロソフトがベセスダ・ソフトワークスとマシンゲームズの親会社であるゼニマックス・メディアを買収したことから、ソニーの『アンチャーテッド』シリーズに匹敵するXboxの独占タイトルとなる可能性があるとされている。

同じくゼニマックス・メディアの子会社であるアーケイン・スタジオは『ディスオナード』の開発者が新たなタイトルに取り組んでいることも明らかになっている。これは『デスループ』ではなく、まったく新しいタイトルであることも発表されている。

また、ベセスダ・ソフトワークスは1月1日に『エルダー・スクロールズ』のファンに向けて「過去を書き写し、未来の地図を作れ」という謎のツイートを投稿している。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ