Photo: Zenimax Online Studios

ベセスダ・ソフトワークスはアクションRPG『ジ・エルダー・スクロールズ:オンライン』でリリースされる新たな追加ダウンロード・コンテンツのトレイラー動画を公開しており、新章の舞台は新たな大陸になると見られている。

トレイラー動画では、甲冑に身を包んだ謎の人物が城壁の向こうに広がる海に対峙する後ろ姿と、3隻の船が荒波を超えて岩場に近づいてくる様子が描かれており、ファンたちはこれらの船がプレイヤーが所属する3つの派閥に関係するのではないかと予測している。

開発元のベセスダ・ソフトワークスによれば、今回のトレイラー動画は2022年の1年間にわたって繰り広げられる新たな物語にプレイヤーをいざなうもので、新章は「今までに見たことのない世界、物語、文化」を体験する冒険になると紹介されている。同社は「まだ語られていない物語」を届けることで2022年は「世界中にいる『ジ・エルダー・スクロールズ』ファンを満足させられる」年になるだろうと説明している。

他にも、レディットのファンの間では新章にエルフの血を引く人間種「ブレトン」が登場するのではないかという噂が広まっている。「ブレトン」は魔法適性が高く、錬金術に長けた種族となっている。

ゲームのニュースサイト『ゲームスポット』によると、『ジ・エルダー・スクロールズ』シリーズの舞台となっている大陸「タムリエル」の東に位置する「アカヴィル」が新章の舞台になると見られている。これまでの舞台は全て「タムリエル」だったが、新章の舞台が「アカヴィル」に移るのであれば、同シリーズにとって大きな変化となる。

現時点では様々な憶測が飛び交っているため、ベセスダ・ソフトワークスが開催するグローバル発表イベントでの正式な発表が待たれる。同社の2022年グローバル発表イベントは、1月25日午前5時からツイッチで配信予定となっている。

2021年11月に『ジ・エルダー・スクロールズ:オンライン』では追加ダウンロード・コンテンツ『デッドランド』がリリースされており、1年にわたって続いた物語「ブラックウッド」が完結を迎えている。

その他のニュースとして、ユービーアイソフトは現在PCゲーマー向けに提供されているゲーム配信サービス「ユービーアイソフト・プラス」を将来的にXboxユーザー向けにも提供する予定であることを発表している。「ユービーアイソフト・プラス」では、月額料金を支払うことで100タイトル以上のユービーアイソフトのゲームをプレイできる。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ