Photo: Xbox

マイクロソフトはサブスクリプションサービス「Xboxライヴ・ゴールド」の加入者が2022年1月に無料でプレイできる作品のラインアップを発表している。ラインアップの中にはインディ・ゲームや互換性のある旧作品も含まれている。

2022年1月1日からはツインスティック・シューターRPG『ニューロボイダー』と、縦スクロールのシューティング・ゲームの『レイディアント・シルバーガン』が配信される。『ニューロボイダー』は1月31日まで、『レイディアント・シルバーガン』は1月15日までとなっている。1月16日からは2Dのピクセルアートで描かれたサバイバル・アドべンチャー・ゲームである『アグラウンド』と、アーケード・ゲームを独自にアレンジした『スペース・インヴェイダーズ・インフィニティ・ジーン』が登場する。『アグラウンド』は2月15日まで、『スペース・インヴェイダーズ・インフィニティ・ジーン』は1月31日まで利用できる。この4作品は「Xboxライヴ・ゴールド」の加入者と、『Xbox ゲーム・パス・アルティメット』のメンバー向けに提供される。

1月1日から配信される『ニューロボイダー』は電子音楽のプロデューサーであるダン・ターミナスのサウンドトラックを採用したサイバーパンク・ツインスティック・シューターで、核兵器を使ってロボットと戦うゲームとなっている。最大4人での同時プレイが可能なため、友人と協力プレイを楽しむこともできる。

1月16日から配信される『アグラウンド』は無人島で展開するアイテム収集・クラフティング系RPGとなっており、様々な人の力を借り、知恵を絞りながら「星への帰還」を目指すストーリーとなっている。

縦スクロール型シューティング・ゲームの名作『レイディアント・シルバーガン』は1998年に日本市場でアーケード・ゲームとして登場して人気となり、家庭用ゲーム機のセガサターンとXbox 360ライヴ・アーケード向けに移植されている。大人気シューティング・ゲームの『斑鳩』は『レイディアント・シルバーガン』の続編となっている。

『スペース・インヴェイダーズ・インフィニティ・ジーン』は進化をテーマにした、オリジナル版をアレンジしたゲームとなっている。同ゲームには143のレベルが設定されており、また、最新のワイヤーフレームのヴィジュアルが用いられている。

その他のニュースとして、『ダークソウル』のボードゲームのクリエイターらが『ダークソウル』のテーブルトークRPGを発表している。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ