Photo: United Games Entertainment

ドイツのゲーム販売会社であるユナイテッド・ゲームズ・エンターテイメントはアーケード筐体(きょうたい)を卓上サイズで再現したタイトーのゲーム機『イーグレットツー ミニ(EGRETⅡ mini)』を2022年から順次北米と欧州で販売することを発表している。国内では2022年3月2日に発売が予定されている。

『イーグレットツー ミニ』は1996年に登場したアーケード筐体『イーグレットツー』を卓上サイズで再現したもので、回転式モニターを自在に動かしてシューティング・ゲームを楽しむことができる。操作用のジョイスティックはゲームに合わせて8方向/4方向に切り替えられる。同商品には1978年から1990年代にゲームセンターで活躍した全40タイトルが内蔵されている。

また、別売りの拡張パック『イーグレットツー ミニ専用パドル&トラックボールゲーム拡張セット』も用意されており、パドルゲームとトラックボールゲームのタイトルが収録されたSDカードと専用のパドル&トラックコントローラーが同梱されている。拡張パックの購入でプレイできるタイトルはスポーツゲーム『ストライクボウリング』、ブロックゲーム『アルカノイド』、風船割りゲーム『プランプポップ』等を含む全10作品となっている。

『イーグレットツー ミニ』の本体に収録されている全40タイトルは次の通り。

・『スペースインベーダー』
・『ルナレスキュー』
・『スチールワーカー』
・『ルパン三世』
・『クイックス』
・『パイレートピート』
・『アドベンチャーカヌー』
・『エレベーターアクション』
・『チャックンポップ』
・『アウターゾーン』
・『フェアリーランドストーリー』
・『影の伝説』
・『ハレーズコメット』
・『バブルボブル』
・『奇々怪界』
・『スクランブルフォーメーション』
・『ラスタンサーガ』
・『究極タイガー』
・『レインボーアイランドEXTRA』
・『レイメイズ』
・『ニュージーランドストーリー』
・『タツジン』
・『ドンドコドン』
・『ヴォルフィード』
・『バイオレンスファイト』
・『カダッシュ』
・『ミズバク大冒険』
・『ガンフロンティア』
・『ルナーク』
・『ハットトリックヒーロー』
・『ニンジャキッズ』
・『メタルブラック』
・『レイフォース』
・『カイザーナックル』
・『ダライアス外伝』
・『バブルシンフォニー』
・『エレベーターアクションリターンズ』
・『断仇牙』
・『パズルボブル2X』
・『バブルメモリーズ』

『イーグレットツー ミニ』が欧米で発売される具体的な時期は明らかとなっていないが、販売を担当するユナイテッド・ゲームズ・エンターテイメントは公式サイトで「欧米地域では2022年から順次発売の予定です。また、欧米限定エディションの展開も予定しています」とコメントしている。なお、欧米限定エディションについては数種類のバリエーションが展開され、『イーグレットツー ミニ』の欧米地域での発売の詳細は近日中に発表される見通しとなっている。

その他のニュースとして、エレクトロニック・アーツで2000年から2003年にかけて製品マーケティング部門のディレクターだったキム・サルザーが在籍当時を振り返り、映画版『ハリー・ポッター』をテーマにしたMMOタイトルのリリース計画を「このタイトル(の人気)は1、2年しか持たない」として中止していたことをツイッチでのインタヴューで語っている。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ