Photo: Amazon Game Studios

ユーチューバーの「ビデオ・ゲーム・データバンク」はMMORPG『ニューワールド』で発見した不具合を指摘する動画を公開していたが、アマゾンから著作権侵害の申し立てがあり、YouTubeで動画を削除されていたことが明らかとなっている。開発元のアマゾン・ゲーム・スタジオは謝罪すると共に、今後このような事態が起きないように内部プロセスを見直すことを約束している。

ユーチューバーの「ビデオ・ゲーム・データバンク」は『ニューワールド』で経験値(XP)やコインを失ってしまう不具合を発見したことから、他のプレイヤーにこの不具合を回避する方法を動画で説明しており、YouTubeに投稿していた。また、彼は自身の動画をアマゾン・ゲーム・スタジオのカスタマーサポートに送って『ニューワールド』で発生している不具合を報告したところ、この動画と自身のYouTubeチャンネルに著作権侵害の申し立てがあり、当該動画が削除されたという。アマゾンからの著作権侵害の申し立てはAI等による自動検出ではなく、手動で行われている。

この動画は現在YouTubeで再び公開されている。「ビデオ・ゲーム・データバンク」はこの一連の流れを説明する動画を公開しているが、アマゾン・ゲーム・スタジオが『ニューワールド』の不具合に関する動画を削除した理由は明らかになっていないと述べている。同社は『NME』からの問い合わせに対して次のように回答している。

「担当チームは今回の出来事を調査しており、関係する動画クリエイターの方と直接連絡を取って問題解決に取り組んでいます。今回、著作権を侵害しているとされた原因はYouTubeに掲載された金地金(きんじがね)販売サイトの広告だったのですが、誤って『ビデオ・ゲーム・データバンク』の動画が著作権を侵害していると報告されてしまいました」

また、「削除された動画は、現在再び公開されています。今後、同じことが起きないように内部プロセスを見直します。ご迷惑とご心配をおかけしたことをお詫び申し上げます」と今後の対応を説明して謝罪している。

アマゾン・ゲーム・スタジオの説明によると、著作権の侵害は金地金売買サイトの広告を対象としていたため、ビデオ・ゲーム・データバンクの動画が著作権侵害の申し立てを受けて削除されたのは単なるミスだったことになる。

『ニューワールド』の不具合の回避方法を紹介した動画は「ビデオ・ゲーム・データバンク」のYouTubeチャンネルで確認できる。アマゾン・ゲーム・スタジオは引き続き不具合の修正に取り組むと思われるが、修正されるまでは今回動画で紹介されている注意事項に従うことで、経験値(XP)やコインの喪失を回避できる可能性が高い。

「ビデオ・ゲーム・データバンク」は動画が削除された一連の流れを説明する動画を自身のYouTubeチャンネルで公開している。

その他のニュースとして、待望の携帯型ゲーム機「Steam Deck」について、スチームで人気のゲーム「トップ100」のうち、80パーセント以上のタイトルに対応するという噂が浮上している。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ