Photo: Niantic

2022年1月16日に『ポケモンGO』のイベント「コミュニティ・デイ」が開催されることが明らかとなっており、詳細が公式ブログで公開されている。同イベントは1月16日の午前11時から午後5時まで開催される予定となっている。

公式ブログによると、1月の「コミュニティ・デイ」でフィーチャーされるポケモンは氷・水タイプのてたたきポケモン「タマザラシ」となっている。通常の「コミュニティ・デイ」と同様に「タマザラシ」は当日の午前11時から午後5時まで野生で大量に発生し、イベント中は通常の水色ではなく色違いのピンク色の「タマザラシ」と出会える可能性が高くなるという。

今回の「コミュニティ・デイ」ではイベント開始から終了時刻の2時間後までに「トドグラー(タマザラシの進化形)」を「トドゼルガ」に進化させると、特別なスペシャルアタック「つららばり」とノーマルアタック「こなゆき」を覚えられるようになる。

また、「コミュニティ・デイ」恒例の有料ダウンロード・コンテンツも用意されており、120円(税抜)で購入できる。このダウンロード・コンテンツはスペシャルリサーチ「てたたきポケモンを解明せよ!」となっており、ゲームの助言者として登場する「ウィロー博士」からタスクが提供されることになる。なお、ダウンロード・コンテンツを購入しなくても「タマザラシ」はすべてのプレイヤーに出現するようになっている。

イベント期間中のボーナスとして、ポケモンをつかまえた時にもらえるXPが3倍になったり、「おこう」と「ルアーモジュール」の持続効果が通常の1時間から3時間に延長されたり、「GOスナップショット」を撮ると「不思議なこと」が起こったりする。高レベルのプレイヤーになるほどレベルアップに必要なXPを獲得するのに多くの労力を必要とするため、XPが3倍になるボーナスは魅力的な特典と言える。

現在、12月16日から12月31日20時まで開催中の「ウィンターイベント」ではホリデー仕様のコスチュームを身にまとった「タマザラシ」がランダムに出現しており、特別な「タマザラシ」を手に入れたいプレイヤーはイベント期間中にゲームを始める必要がある。ただし、『ポケモンGO』に登場する他の「特別な姿のポケモン」と同様に、ホリデー仕様の「タマザラシ」も進化させることはできない。

その他のニュースとして、『スナイパー・エリート』シリーズを手掛けるリベリオン・ディベロップメンツ社は「世界に通用するIP」を目指して極秘でAAAタイトルの開発を進めていることが同社の求人情報から明らかとなっている。一方で、12月16日にリリースされたばかりのPC版『ファイナル・ファンタジーVII リメイク インターグレード』ではMOD制作者たちがすでに様々な改造やカスタマイズを行っている。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ