Photo: Getty

グーグルはアンドロイド端末向けのゲーム・アプリをウィンドウズのPC上でプレイできるサービス「グーグル・プレイ・ゲームPC」の提供を2022年から開始することを発表している。

グーグルは12月10日に開催された「ゲーム・アウォーズ2021」でこのサービスを発表し、短いトレイラー動画とサービスの提供開始が2022年になることを発表している。現時点ではシステムがどのように機能してアンドロイド向けのOSをウインドウズのPC上で動作させるのかはほとんど明らかになっていない。なお、クロスセーブ機能により、アンドロイド端末でプレイしていたゲームをPCで継続してプレイできることが明らかになっている。

「グーグル・プレイ」およびアンドロイド端末向けのゲームのプロダクト・ディレクターを務めるグレッグ・ハートレルはアメリカのニュースサイト『ザ・ヴァージ』に対して「2022年からはグーグル・プレイでのお気に入りのゲームをより多くのデバイスで体験できるようになります。携帯電話やタブレット、クロームブックはもちろん、ウィンドウズPCにもシームレスに切り替えられるようになる予定です」と述べている。

「グーグルが開発したこのプログラムは『グーグル・プレイ・ゲーム』をノートPCやデスクトップでも利用できるようにするものです。プレイヤーのみなさんがお気に入りのアンドロイド向けゲームをさらに楽しんでいただくために対応可能なデバイスを拡大できることにワクワクしています」

グレッグ・ハートレルは同プログラムはストリーミング・サービスではなくウィンドウズにネイティヴ対応するアプリであり、ウィンドウズ10以降の環境にも対応し、また、ウィンドウズとの特別なインテグレーションを必要しないと述べている。

『ザ・ヴァージ』の報道によると、この発表はマイクロソフトがウィンドウズ11を搭載したPCでアンドロイド向けアプリの動作テストを開始してから数ヶ月後に発表されており、各プラットフォームからダウンロードするアンドロイドアプリを実行できるようアンドロイド用ウィンドウズ・サブシステムを開発している。

その他のニュースとして、ユービーアイソフトは『アサシン クリード ヴァルハラ』の拡張コンテンツ「ラグナロクの始まり」を配信することを発表している。この拡張コンテンツは2022年にリリース予定となっており、これまでに配信された『アサシン クリード』シリーズの中でも最大級の拡張コンテンツになることが明らかになっている。また12月14日には最新作である『アサシン クリード ヴァルハラ』と『アサシン クリード オデッセイ』で無料アップデート・コンテンツであるクロスオーバー・ストーリーの配信が開始されるという。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ