Photo: Asobo Studios

『マイクロソフト・フライト・シミュレータ』は現地時間2月16日に大型アップデートが配信され、多数のイギリスの都市や空港がゲームに追加されることが明らかとなっている。

今回新たにブリストル、ロンドン、オックスフォード、ケンブリッジ、バーミンガムの5つの都市で詳細な地図データに基づく飛行プレイが楽しめるようになる。フランスの開発元であるアソボ・スタジオによると、アップデートには70以上の新しいランドマークが含まれており、またゲームに登場する80以上の空港が改善されているという。

また開発元は今回のアップデートで着地する際の問題点を修正しており、イギリス全土のより正確な標高データを取り入れている。PCゲーム・サイト『ロック、ペーパー、ショットガン』によると、以前は地図を利用してデータを集めてもうまくいかなかったため、今回のアップデートは必要だったと報じている。

その他にアップデートで修正された点として、以前は「オフィス街」のように見えたバッキンガム宮殿も修正されているという。以前のアップデートではイギリスの2つの都市でのみ詳細な地図データに基づく飛行プレイが可能となっていた。

アソボ・スタジオはアップデートが現地時間2月16日のリリースを「目標」としているとツイートしている。

今回のアップデートの発表がアップデート配信日の前日であった為、一部のファンは違和感をあらわにしている。あるユーザーは「もし先週、あるいは昨日でもいい、(事前にアップデートの配信が)遅れると伝えてくれていたのなら、大半の人はそれで良しとしていただろう」とツイートしている。

しかし、なかには理解を示すファンもおり、あるユーザーは開発チームを次のように激励している。「必要なだけ時間をかけておくれ!」開発者に対してはこう続けてツイートしている。「『マイクロソフト・フライト・シミュレータ』というゲームは奇跡に他ならないし、君たちはみんな神だ。君たちの悪口を言う人たちが乗った飛行機は、みな雷に打たれますように」

アソボ・スタジオは毎週ツイッターで開発の最新情報を公開している。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ