Photo: Nintendo

11月19日にリリースされたNintendo Switch用ソフト『ポケットモンスター ブリリアントダイヤモンド』と『ポケットモンスター シャイニングパール』が好調な売上を記録していることが明らかになっている。

株式会社ポケモンのプレスリリースでは2つのタイトルの発売初週の累計販売本数が全世界で600万本以上を記録したことが発表されている。

この記録は前作の『ポケットモンスター ソード・シールド』の発売初週の販売本数に匹敵しており、1週間で300万本を売り上げた『ポケットモンスター レッツゴー! ピカチュウ・レッツゴー! イーブイ』の記録の2倍に相当する。一方で、初週で販売本数720万本を記録したニンテンドー3DS向けソフト『ポケットモンスター サン&ムーン』には及んでいない。

『ポケットモンスター ブリリアントダイヤモンド』と『ポケットモンスター シャイニングパール』のセールスは好調な一方で数多くのバグが見つかっている。リリース直後には、「メニュー画面を出したまま」にすることでドアや洞窟でワープのアニメーションを無効化できてしまう不具合を利用して、わずか15分でゲームをクリアしてしまうプレイヤーもいたが、この不具合はアップデートで既に修正されている。

また、7つ目のジムではプレイヤーが滑りやすい斜面の下で動けなくなり上に上がれなくなってしまう不具合が報告されるなど、ゲームのリリース当初はやや不安定な要素が残っていた。本リメイク作品は『NME』のレヴューではおおむね良好な評価ではあるものの、2006年発売のオリジナル版から改善されていない点が挙げられている。

また、「ポケモン図鑑」は一定の数のポケモンを見つけてゲームをクリアしなければ「全国図鑑」をアンロックできないとされていたが、リメイク版で最初のジムをクリアした後に「全国図鑑」をアンロックしたプレイヤーの存在が話題となっている。

その他のニュースとして、クラウドファンディング・プラットフォーム『キックスターター』が同プラットフォームをブロックチェーン上に移行することを発表しており、サイトの利用者たちから多くの批判が寄せられている。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ