Photo: Ubisoft

ユービーアイソフトは来週『アサシン クリード ヴァルハラ』の「タイトルアップデート1.4.1」を配信するにあたって、プレイヤーがゲーム全体を再ダウンロードする必要があることを公式サイトで告知している。

配信される「タイトルアップデート1.4.1」の容量はプラットフォームごとに異なり、およそ39GB〜77GBとなっており、プレイヤーがダウンロードを完了させるまでにはある程度の時間がかかることが予想される。

ユービーアイソフトは公式サイトで次のように述べている。「今後も『アサシン クリード ヴァルハラ』のコンテンツやアップデートの配信に対応するために『タイトルアップデート1.4.1』の配信時にはデータを再構築する一環として、ゲーム全体の再ダウンロードが必要になります」

「ゲーム内の複数のファイルをまとめたため、今回のタイトルアップデート以降、ゲーム全体(本編)のファイルの容量(サイズ)が縮小されます。さらに、データの再構築、ロード画面の高速化、各地域でのストリーミングの改善により、起動時の全体的なパフォーマンスが向上します」

なお、再ダウンロードが必要なのはゲームの本編となっており、拡張コンテンツに変更はないとしている。

ユービーアイソフトは先日『アサシン クリード ヴァルハラ』について、現在開催中の無料イベント「オスコレイア祭」の会期を12月9日まで延長し、次回のアップデートは「12月中」に配信することを発表していた。

イベントを延長するにあたり、新たな追加チャレンジ「バシムズ・チャレンジ」が用意されており、参加者は新アイテム「バシムの剣」を受け取ることができる。このチャレンジではコミュニティ全体で25万以上の敵を倒すと、個々のプレイヤーは報酬として「バシムの剣」を獲得することができる。

「オスコレイア祭」は本日12月9日に終了するが、このイベントでは火属性のダメージを与えられる二刀流の巨大鎌「ヘルの大鎌」や不気味な骸骨のスキン「骨のカラス」など、重要なキーアイテムを手に入れることができる。

その他のニュースとして、2022年1月15日にリリースされる3Dアクション・ゲーム『ゴッド・オブ・ウォー』のPC版の特徴を紹介する新たなトレイラー動画がYouTubeで公開されている。PC版は4K解像度に対応するほか、エヌヴィディア社のグラフィック・ボードのRTXシリーズを使用するとDLSSに対応することが明らかとなっている。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ