Photo: Respawn Entertainment

リスポーン・エンターテインメントは『エーペックスレジェンズ』で12月8日から開催される海賊をテーマにしたイベント「レーダーズコレクションイベント」の詳細を公式ツイッター・アカウントで発表している。同イベントでは期間限定モードの「ウィンターエクスプレス」が復活する予定となっている。

「レーダーズコレクションイベント」では海賊をテーマにした複数のレジェンドのスキンが用意されている。今回登場するレジェンドたちは「ヴァルキリー」、「ローバ」、「レヴナント」、「ブラッドハウンド」、「パスファインダー」、「ワットソン」、「レイス」となっており、「レヴナント」のレジェンダリー・スキンはひげを生やしたような見た目となっている。それぞれの武器スキンはプレミアム通貨(ゲーム内通貨)で購入したり、ゲーム内のプライズトラック(ゲームプレイで得たポイントに応じて報酬が獲得できるシステム)を利用して手に入れることができる。

また、期間限定モードの「ウィンターエクスプレス」も復活する予定となっている。このモードは2019年と2020年の冬にも登場しており、3チーム(1チーム3名)で「ワールズエッジ」を駆け巡る列車の支配権をかけて戦うラウンド制のモードとなっている。今回は新しい要素として、レジェンドが列車に乗り込む前にロードアウト(装備)を選択できるようになっている。各プレイヤーは周回する「ウィンターエクスプレス」を制圧するために列車に乗り込んで戦い、ラウンドに勝利したチームは次のラウンド上にリスポーンする。各ラウンドは1ポイントとなっており、先に3ポイントを獲得したチームが勝利となる。

「レーダーズコレクションイベント」をコンプリートすると、報酬として「ワットソン」のスーパーレジェンド格闘武器「エネルギーリーダー」が手に入る。この武器は低確率で手に入る入手困難なものとなっている。「エネルギーリーダー」を手に入れるにはこのイベントで24個の収集アイテムをすべてアンロックする必要があり、コンプリートには課金が必要となる。

また、「ワットソン」に次のような修正が行われることも明らかとなっている。
・既存の電気フェンスの近くに新たなノード(電気フェンスの起点)を配置しようとするとフェンスがくっつく問題を修正
・「ワットソン」の電気フェンスがプレイヤーの衝突に反応しないケースがある不具合を修正
・電気フェンスが作成される場所を示すブルーのラインが表示されない不具合を修正
・「コースティック」のアルティメットアビリティを「ワットソン」のアルティメットアビリティ「インターセプターパイロン」によって防ぐことができない問題を修正
・「アークスター」が「インターセプターパイロン」にくっついてしまい、かつダメージを与えることがある不具合を修正

修正内容の詳細はエレクトロニック・アーツの公式サイト(英語版)に掲載されている「エーペックスレジェンズ レーダーズコレクションイベント」のページで確認できる。同イベントは12月8日より開催される予定となっている。

その他のニュースとして、『バトルフィールド』シリーズでより多くの体験ができる「バトルフィールド・ユニバース」という構想について海外サイト『ゲームスポット』が報じている。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ