Photo: Square Enix

スクウェア・エニックスは『ファイナル・ファンタジーXIV』の最新拡張パッケージ「暁月のフィナーレ」のリリースに先駆けて、12月1日に「6.0パッチノート」を先行公開している。

先行公開版では「暁月のフィナーレ」で新たに追加されるコンテンツのほか、バトルシステムのアップデートやその他の変更点が詳しく記載されている。最新拡張パッケージでは自然に囲まれた都市「オールド・シャーレアン」や、カラフルな色彩が特徴的な都市国家「ラザハン」など、新たな都市がゲームに追加される。新たなフィールドも複数追加されて、都市やフィールドにはプレイヤーがワープして移動できる「エーテライト」が追加されるという。

また、アイテムの装備条件が変更され、「メイド」や「バトラー」のアイテムなどが性別に関係なく装備できるようになる。なお、あらかじめ告知されているように、装備アイテムの「帯防具」は「暁月のフィナーレ」がリリースされるとキャラクターに装備できなくなる。修理やマテリアの装着、マーケットでの購入などもできなくなり、「帯防具」に関連した「アチーブメント」も変更される予定となっている。

最新拡張パッケージには新たなメインクエストも追加される予定となっており、『ファイナル・ファンタジーXIV:新生エオルゼア』の配信以降に描かれていた「ハイデリン」と「ゾディアーク」の物語は完結を迎えることになる。新たなサブクエストや「F.A.T.E.(戦闘コンテンツ)」も追加されるほか、同作に登場する国家の1つである「イシュガルド」には新たなハウジングエリア「エンピレアム」が追加される。

さらに、新たなダンジョンやモンスターに加えて、ロールクエストやクラスクエストも登場し、公式サイトではそのヴィジュアルの一部を紹介した画像が公開されている。また、クエスト「リーパーたる者」や「賢者の誓い」をクリアすると、近接攻撃型の新ジョブの「リーパー」と回復型の新ジョブの「賢者」がそれぞれアンロックされる。

最新拡張パッケージ「暁月のフィナーレ」はPC、プレイステーション5、プレイステーション4向けに12月7日にリリース(アーリーアクセス版は12月3日18:00頃より配信)が予定されている。

『ファイナル・ファンタジーXIV』の関連ニュースとして、スクウェア・エニックスは最新拡張パッケージのリリースに伴って同作のサーバーが混雑することが予想されるため、プレイヤーたちに向けてお詫びするともに理解を呼びかけている。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ