Photo: Treyacrch

『コール オブ デューティ ブラックオプス コールドウォー』はアメリカで史上最も売れたゲームの一つに早くも仲間入りを果たしている。

このニュースは市場調査会社NPDグループのゲーム業界アナリストであるマット・ピスカテラのツイートにより公表されている。マット・ピスカテラは1月のゲーム業界の売上についてツイートし、「(この1月は)ビデオ・ゲームにとっての幸先の良いスタートとなった」と述べている。

その後、彼は続けて『コール オブ デューティ ブラックオプス コールドウォー』に称賛の言葉を述べている。「統計のなかで私が特に驚いたのは『コール オブ デューティ ブラックオプス コールドウォー』がアメリカの歴代売上高トップ20にすでに入っていることでした」

当該ツイートはこちらから。

この記録は『コール オブ デューティ ブラックオプス コールドウォー』が昨年11月中旬に発売されたばかりのゲームであることを考慮すると、目覚ましい記録となっている。アメリカで最も売れたゲームのランキングには1989年の作品も含まれている。

マット・ピスカテラは2021年1月末付けの2020年のベストセラー作品のランキングもツイートしている。1位が『コール オブ デューティ ブラックオプス コールドウォー』、2位が『コール オブ デューティ4 モダン・ウォーフェア』となっている。ランキングには『あつまれ どうぶつの森』、『アサシンクリード:ヴァルハラ』、『ザ・ラスト・オブ・アス パート・ツー』、『スーパーマリオ 3Dコレクション』などの作品も名を連ねている。

『コール オブ デューティ』シリーズに関連したその他のニュースとしては、開発を手掛けるスレッジハンマー・ゲームズが今年発売されるシリーズ最新作の開発に着手すると伝えられているが、現時点では正式な発表はされておらず、同シリーズのニュースサイトとして有名な「モダン・ウォーゾーン」はその情報の「信ぴょう性は高くない」と報じている。

また、最近では、『コール オブ デューティ ブラックオプス コールドウォー』のあるプレイヤーがゲーム内で未公開の「Sykov(サイコフ)」ピストルを発見したと報告している。このピストルは使用できないが、「プランダー(大規模)」マッチで一定時間ごとに使用できるボーナスアクションのウェポンドロップで入手できるという。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ