Photo: Valve

11月27日にスチームの同時接続プレイヤー数が2700万人を超えたことが明らかとなっており、同プラットフォームの新記録を達成している。

非公式のデータベースサイト『スチームDB』によると、11月27日にスチームの同時接続プレイヤー数が27,182,165人となり、過去最高記録を達成したという。これまでの最高記録は今年4月に達成した2,690万人となっていた。新型コロナウイルスの感染拡大の影響で世界中の人々が多くの時間を自宅で過ごすようになったため、同時接続プレイヤー数は変動しながらも常に高い水準を保ってきた。

最高記録達成時の「スチーム&ゲームデータ」に表示された「現在最もプレイヤー数が多いゲーム」の多くはスチームのセールスチャートの主要タイトルであることから、新作のリリースやアップデートによるユーザー数の急増ではないと推測されている。

最高記録達成時の「現在最もプレイヤー数が多いゲーム」は『カウンターストライク:グローバルオフェンシヴ』が84万9,144人で1位となっており、ヴァルヴ社が手がける『ドータ2』が66万3,561人で2位、そのほか『プレイヤー・アンノウンズ・バトル・グラウンズ(PUBG)』、『エーペックスレジェンズ』、『ニューワールド』が上位5作品となっている。

トップ10には『グランド・セフト・オートV』、『チーム フォートレス2』、『ラスト』、『ミル4』、『壁紙エンジン』がランクインしている。

現在スチーム・ストアではオータムセールが開催されている。このセールは現地時間の12月1日午前10時までの期間限定でとなっており、『ハデス』、『アウター・ワイルズ』、『モンスターハンター:ワールド』などがセール商品として配信されている。『アウター・ワイルズ』は11.69ポンド(日本でのセール価格:以下、日本価格1542円)となっているほか、ローグライク・アクション・ゲーム 『ハデス』は13.64ポンド(日本価格1799円)、『モンスターハンター:ワールド』は16.49ポンド(日本価格2010円)で購入できる。オータムセールではスチーム・ストア全体で大幅な割引が適用されており、過去のレヴューが「非常に好評」の『ディスコ・エリジウム:ザ・ファイナル・カット』が17.49 ポンド(日本価格2050円)となっている。

また、AAAタイトルも値下げされており、『サイバーパンク2077』は24.99ポンド(約日本価格4389円)で購入できるほか、『ホライゾン:ゼロ・ドーン』や『デスループ』も半額となっている。

その他のニュースとして、『ゼルダの伝説 時のオカリナ』ではファンのグループがリバース・エンジニアリングに成功している。コードベースは広く知られている扱いやすい言語に翻訳されているとしており、PCへの移植や改造も可能になっている。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ