Photo: Square Enix

スクウェア・エニックスはアドベンチャー・ゲーム『ライフ・イズ・ストレンジ:トゥルー・カラーズ』のNintendo Switch版を現地時間12月7日にリリースすることを海外向けに発表している。

Nintendo Switch版は当初、プレイステーション 4、プレイステーション 5、XboxシリーズX/S、Xbox One、PC版と同時に9月のリリースが予定されていたが、発売の延期が発表されていた。Nintendo Switch向け『ライフ・イズ・ストレンジ:トゥルー・カラーズ』のデジタル版はニンテンドーeショップで2021年12月7日に、パッケージ版が2022年2月25日にリリース予定となっている。また、『ライフ・イズ・ストレンジ リマスタード・コレクション』のリリースも2022年2月25日に予定されている。

『ライフ・イズ・ストレンジ:トゥルー・カラーズ』はヘイブン・スプリングスという町に引っ越してきた「アレックス・チェン」の物語となっており、彼女は自身の能力を利用しながら兄の死の真相を探っていくことになる。「アレックス・チェン」は「エンパシー」と呼ばれる能力を持っており他人の感情をオーラとして見ることができるほか、その感情を吸収して操作することもできる。

『NME』のレヴューでは『ライフ・イズ・ストレンジ:トゥルー・カラーズ』について次のように述べている。「とても実直で心に響くゲーム体験でした。一度プレイすれば忘れられない物語となるでしょう。他人の感情が読み取れる能力『エンパシー』を使うアクションは、ただただ素晴らしいものでした」

スクウェア・エニックスは『ライフ・イズ・ストレンジ:トゥルー・カラーズ』をリリースして間もなく、同タイトルがLGBTQ+の人権団体「アウトライト・アクション・インターナショナル」とパートナーシップを提携したことを発表している。このパートナーシップの提携はLGBTQ+の人々をサポートするためキャンペーンを通じて募金活動を行うことを目的としている。

一方、『ライフ・イズ・ストレンジ:トゥルー・カラーズ』では著作権上の理由からキャラクターが歌うシーンでは歌詞が表示されないなど、アクセシビリティに関する問題を抱えている。

その他のニュースとして、スチームは「オータムセール」を開始しており、人気タイトルが最大80パーセントオフで販売されている。また、11月24日に開催されたゲームアワード「ゴールデン・ジョイスティック・アワード2021」で『ダークソウル』が「アルティメット・ゲーム・オブ・オール・タイム(史上最高のゲーム)」を受賞したことも報じられている。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ