Photo: Sony Interactive Entertainment

ソニー・インタラクティブ・エンタテインメントが従業員に対して性差別を行っているとして、元ITセキュリティ・アナリストのエマ・マヨが同社を提訴したことが報じられている。

アメリカのニュースサイト『アクシオス』によると、現地時間11月22に元従業員のエマ・マヨはソニー・インタラクティブ・エンタテインメントを提訴している。彼女は同社について女性従業員が男性従業員と同様の仕事をこなしている場合でも同等の報酬を支払っていないと主張している。

エマ・マヨは今回の訴訟を過去数年にわたってソニーのカリフォルニア本社で勤務していたすべての従業員を代表する集団訴訟として扱うことを求めており、同社がアメリカの同一賃金法を故意に違反したと主張している。

訴状によると、彼女は2015年から2021年までソニー・インタラクティブ・エンタテインメントに在籍していたが、同社は男性優位な職場だったという。また、役職が高くても女性からの依頼は無視されてしまう可能性があるため、男性の研修生(インターン)を介してマネージャーに依頼する必要があったと述べている。

さらに、エマ・マヨは直属の上司となるヴァイス・プレジデントに昇進に関する相談をしたが蔑ろにされ続けたうえ、事実上降格されてしまったと主張している。自身の役職は変わらないものの、昇進の相談を持ちかけた後、これからの報告はヴァイス・プレジデントより低い役職のマネージャーに行うよう伝えられたという。

2021年に彼女はソニーに対してジェンダーバイアス)について不満を訴えたが、その後同社を解雇されている。訴状によると、ソニーは「部署閉鎖による解雇」と説明していたが、彼女はその部署に所属すらしていなかったため、解雇理由は虚偽であったと主張している。

企業による性差別問題に関して、最近ではアクティヴィジョン・ブリザード社の最高経営責任者であるボビー・コティックが社内でセクシャル・ハラスメント被害を訴えている従業員がいたことを把握していたにもかかわらず、長年にわたって問題を放置していたことが報じられていた。ボビー・コティックは同社の企業文化を改善できなければ辞任を検討すると語っていることが明らかになっている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ