Photo: Netflix / Riot Games

ネットフリックスは新作アニメ『アーケイン』のシーズン2の制作が決定したことを発表している。同作品は人気MOBAゲーム『リーグ・オブ・レジェンド』を元にしたアニメシリーズとなっており、11月7日からネットフリックスで公開されている。

『アーケイン』は配信開始からわずか3日で韓国の大ヒットドラマ『イカゲーム』を抑えて、ネットフリックスの視聴ランキングで1位を獲得している。

アニメ『アーケイン』の共同制作者であるクリスチャン・リンクとアレックス・イーは11月20日に開催されたファンイベントで次のように述べている。「『アーケイン』のシーズン1に対する好反応を非常に嬉しく思っています。私たちは現在、ライアットゲームズとフォーティッチ・プロダクションのクリエイターたちとシーズン2の配信に向けて懸命に取り組んでおります」

『アーケイン』の公式ツイッター・アカウントではシーズン2が制作中であることを11月21日にツイートしている。

さらに、主要キャラクターの声優であるヘイリー・スタンフェルド、エラ・パーネル、ケイティ・ルングがそれぞれ「ヴァイ」、「ジンクス」、「ケイトリン」役としてシーズン2でも声を担当することも決定している。

アニメの大ヒットにより、その元となったMOBAゲーム『リーグ・オブ・レジェンド』ではチャンピオンである「ジェイス」と「ジンクス」をプレイするファンが急増しているという。

ネットフリックスのその他の新作として、『タイガーキング2』や『tick, tick…BOOM:チック、チック…ブーン!』が配信されている。『タイガーキング2』は実際に起きた犯罪事件を描いたドキュメンタリーの続編となっており、『tick, tick…BOOM:チック、チック…ブーン!』はミュージカル『ハミルトン』の生みの親であるリン=マニュエル・ミランダがアンドリュー・ガーフィールドを主演に迎えて制作したミュージカル・ドラマとなっている。

『NME』のレヴューには『tick, tick…BOOM:チック、チック…ブーン!』について次にように掲載されている。「リン=マニュエル・ミランダの壮大な世界観は周知の通りであり、本作も期待通りの内容となっています。食堂を舞台にした素晴らしいアンサンブル曲“Sunday”やパッシヴ・アグレッシヴなデュエット曲“Therapy”の素晴らしさが際立っている」

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ